人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2019/08/15

がん治療と仕事 企業にできる両立支援とは

 

がんの早期発見の進展、医療の大きな進化などにより、がん生存率が上昇。企業にとって、従業員のがん治療と仕事の両立をいかに支援していくかが重要な課題となっている。

 

ベネッセコーポレーションでは、人事に専門の相談デスクを設置。休職から復職まで決まった担当者が対応し、産業医や上司らと連携して一貫したフォローを行っている。治療のための休暇や休憩時間に関する制度を充実させている企業も多い。大和証券は、副作用や急な痛みが出たときや、複数回に分けた食事が必要なときなどに使える「治療サポート時間(最大60分)」を用意(東京都福祉保健局より)。田辺三菱製薬では、時短勤務と治療休暇(1ヵ月に5日間)を併用できる制度を整えた。運用にあたっては、当事者と上司が月に一度相談しながら月単位で勤務形態を検討している。

 

国立がん研究センターがん対策情報センターなどの調査によると、「現在の日本社会では、働きたいと思うがん患者を受け入れる職場環境になっている」という問いに対して、「非常にそう思う」(1.3%)、「まあそう思う」(22.6%)という回答が合わせて23.9%。がん患者が安心して働ける職場環境の整備はまだ不十分であることがわかる。がんにり患した社員が働き続けられることは、人手不足を補うだけでなく、職場のダイバーシティも担保する。定年延長などで長く働く人も増えるなか、がん治療と仕事を両立させる施策はさらに重要になってくるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
ベースフードの完全栄養オフィスランチ/設置型社食サービス「BASE FOOD STAND」正式提供開始

2019/10/28 関連キーワード:福利厚生 ベースフード BASE BREAD 社食

ニュース
オフィス内で従業員が最適な手指衛生を行える環境を提供し、欠勤率の改善や病原体による感染を予防~『PURELL® ワークフォース・ソリューション』の提供を開始:ゴージョージャパン

2019/10/21 関連キーワード:ゴージョージャパン インフルエンザ対策 手指衛生 予防医療

ニュース
正しい座り方によって体への負荷を軽減、社内うつ発症リスクの低減を目指す~すべり座りを坐骨座りに変える『デスクワーク姿勢研修』を開始:日本姿勢予防医学協会

2019/09/24 関連キーワード:日本姿勢予防医学協会 デスクワーク姿勢研修 社内うつ 座り方改革

ニュース
オフィスでバナナを食べる「ヘルシースナッキング」の新習慣で仕事効率アップと健康的な体作りをサポート~『Office de Dole(オフィス・デ・ドール)』スタート:ドール

2019/09/04 関連キーワード:ドール Office de Dole 福利厚生 健康経営 ヘルシースナッキング

ニュース
企業の産業保健の現状把握と課題を可視化する無料診断ツール~『産保サーベイ(産業保健実態評価)』の提供を9月5日より開始:パソナ

2019/09/04 関連キーワード:パソナ 産保サーベイ 産業保健 健康管理 産業医 診断ツール

次世代リーダー育成特集