人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2019/01/30

健康経営の「内容を知っている」と回答した企業は29.0%。取り組む上での課題は「どのようなことをしたらよいか分からない」、「ノウハウがない」とハウツー不足を挙げる企業が多い~東京都内の中小企業を対象とした『健康経営に関する実態調査』:東京商工会議所

東京商工会議所(三村明夫会頭)は1月28日、健康づくり・スポーツ振興委員会(委員長=後藤忠治・セントラルスポーツ会長)において、「健康経営に関する実態調査」の調査結果を取りまとめました。本調査は、東京都内の中小企業(従業員300人以下)を対象に、「健康経営」の認知度や取り組む上での課題を明らかにするために実施したものです。主な調査結果は次のとおりです。


<調査結果のポイント>
〇健康経営の認知度について、29.0%の企業が「内容を知っている」と回答した。

〇健康経営への関心については、「現在実践していないが、近い将来具体的な予定がある」、「いずれ実践したい」「必要だと思うが、実践できない」を合わせると約98%と、ほとんどの企業が健康経営の必要性を感じている。

〇健康経営に取り組む上での課題については、「人員がいない36.6%」、「予算がない22.6%」などリソースに関わる要素よりも、「どのようなことをしたらよいか分からない45.5%」、「ノウハウがない36.6%」とハウツー不足を挙げる企業が多い。

〇従業員数別の認知度では、従業員が少ない企業ほど認知度は低く、10人未満の企業について、「内容を知っている」と回答した企業は17.1%、「聞いたことがない」と回答した企業は41.9%であった。

〇従業員数別の健康経営の実践状況では、10人未満の小規模の企業であっても、「必要だと思わない」はわずか3.4%にとどまり、小規模の企業であっても健康経営への関心の高さがうかがえた。

詳細につきましては、別添資料をご覧ください。


<調査概要>
調査期間:2018年7月24日~8月10日
調査対象:東京商工会議所会員企業のうち、従業員300人以下の企業より無作為抽出
調査方法:FAXによる配布、FAX及びWEB回答フォームによる回収
有効回答数:292件(送付件数:2,714件)
回収率:10.7%


【本件担当・問い合わせ先】
東京商工会議所
サービス・交流部 会員交流センター
担当 中村、平栗
TEL 03-3283-7681
FAX 03-3211-8278

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(東京商工会議所 https://www.tokyo-cci.or.jp/ /1月28日発表・同団体プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
「健康経営銘柄2019」に37社を選定しました~ヤフー、SOMPOホールディングス、オムロンなどが初選定(経済産業省)

2019/02/22 関連キーワード:経済産業省 東京証券取引所 健康経営銘柄

ニュース
「健康経営優良法人2019」認定法人が認定されました~大規模法人部門821法人、中小規模法人部門2503法人を認定(経済産業省)

2019/02/22 関連キーワード:経済産業省 健康経営優良法人認定制度 健康経営優良法人 健康経営 ホワイト500

ニュース
高セキュリティで従業員の健診データを一元管理~『FiNC ウェルネスストレージ』を提供開始:FiNC Technologies

2019/02/14 関連キーワード:FiNC Technologies FiNC ウェルネスストレージ 健康診断 健康データ クラウドサービス

ニュース
独自の社内通貨で従業員の健康づくりをサポート!健康コイン『ARUCO(アルコ)』を導入~歩いて、動いて、どんどん貯まる。選んで、使って、ますます健康に:ロート製薬

2019/02/14 関連キーワード:ロート製薬 ARUCO 社内通貨 健康経営

ニュース
従業員のストレスチェックの結果から、自社の「活性度(生産性)」やパフォーマンス低下による「プレゼンティーズム損失額」がわかる~ストレスチェックシステム『Co-Labo』の新機能、『プレゼンティーズム分析レポート』をリリース:ヒューマネージ、保健同人社

2019/02/08 関連キーワード:保健同人社 ヒューマネージ TEAMS プレゼンティーズム分析レポート Co-Labo プレゼンティーズム ストレスチェック

ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集