人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2019/01/30

健康経営の「内容を知っている」と回答した企業は29.0%。取り組む上での課題は「どのようなことをしたらよいか分からない」、「ノウハウがない」とハウツー不足を挙げる企業が多い~東京都内の中小企業を対象とした『健康経営に関する実態調査』:東京商工会議所

東京商工会議所(三村明夫会頭)は1月28日、健康づくり・スポーツ振興委員会(委員長=後藤忠治・セントラルスポーツ会長)において、「健康経営に関する実態調査」の調査結果を取りまとめました。本調査は、東京都内の中小企業(従業員300人以下)を対象に、「健康経営」の認知度や取り組む上での課題を明らかにするために実施したものです。主な調査結果は次のとおりです。


<調査結果のポイント>
〇健康経営の認知度について、29.0%の企業が「内容を知っている」と回答した。

〇健康経営への関心については、「現在実践していないが、近い将来具体的な予定がある」、「いずれ実践したい」「必要だと思うが、実践できない」を合わせると約98%と、ほとんどの企業が健康経営の必要性を感じている。

〇健康経営に取り組む上での課題については、「人員がいない36.6%」、「予算がない22.6%」などリソースに関わる要素よりも、「どのようなことをしたらよいか分からない45.5%」、「ノウハウがない36.6%」とハウツー不足を挙げる企業が多い。

〇従業員数別の認知度では、従業員が少ない企業ほど認知度は低く、10人未満の企業について、「内容を知っている」と回答した企業は17.1%、「聞いたことがない」と回答した企業は41.9%であった。

〇従業員数別の健康経営の実践状況では、10人未満の小規模の企業であっても、「必要だと思わない」はわずか3.4%にとどまり、小規模の企業であっても健康経営への関心の高さがうかがえた。

詳細につきましては、別添資料をご覧ください。


<調査概要>
調査期間:2018年7月24日~8月10日
調査対象:東京商工会議所会員企業のうち、従業員300人以下の企業より無作為抽出
調査方法:FAXによる配布、FAX及びWEB回答フォームによる回収
有効回答数:292件(送付件数:2,714件)
回収率:10.7%


【本件担当・問い合わせ先】
東京商工会議所
サービス・交流部 会員交流センター
担当 中村、平栗
TEL 03-3283-7681
FAX 03-3211-8278

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(東京商工会議所 https://www.tokyo-cci.or.jp/ /1月28日発表・同団体プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
産業医に加え会員約60万超のナースコミュニティを活用し看護職がサポート~働き方改革「産業医の機能強化」に対応する企業向け新サービス『リモート産業保健』提供開始:エス・エム・エス

2019/04/10 関連キーワード:エス・エム・エス リモート産業保健 産業医 産業保健 働き方改革関連法

ニュース
オフィスの食充実で 健康とモチベーションアップ

2019/03/29 関連キーワード:健康経営 オフィス環境 食事 キリン ネタもと

ニュース
企業の従業員の心と体の健康を守り、社内活性化を図る~『健康経営実践サポートサービス』の提供をスタート:HAAAP

2019/03/22 関連キーワード:健康経営実践サポートサービス HAAAP オフィスdeスポーツ 福利厚生 運動不足解消 ストレッチ

ニュース
勤務間インターバル制度の導入や就業時間中の禁煙などにより、健康経営をさらに推進:ソフトバンク

2019/03/22 関連キーワード:ソフトバンク 勤務間インターバル制度 禁煙 がん治療 年次有給休暇取得促進

ニュース
睡眠負債を抱えがちな業界はITや不動産業界、業種では営業や専門職で睡眠不足が顕著~『日本人の睡眠負債実態調査』:O:

2019/03/20 関連キーワード:O: 睡眠負債 健康経営 睡眠不足

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集