人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2019/01/23

生産性向上のヒントは睡眠不足解消にあり

従業員の眠りを改善しようとする企業が増えている。

 

オーダーメイド挙式を手掛けるCRAZYは2018年10月、社員の睡眠時間に報酬を支払う「睡眠報酬制度」を日本で初めて導入。「6時間以上」の睡眠時間を、1週間で5日以上確保した社員は、社内の食堂やカフェで使えるポイントを受け取ることができる。

 

就寝を手助けする取り組みもある。ロート製薬は、スマートフォンアプリを使った社員の睡眠改善を始める。社員はマットレスの下に専用の測定機器を置き、寝付くまでの時間や眠りの深さを解析。アプリを通じて眠くなる時間帯や、アドバイスを伝える。(日本経済新聞より)

 

米国シンクタンクのランド研究所による調査によると、日本人の睡眠不足を原因とした経済損失は約15兆円にも達する。社員一人あたりの生産性を高めるためにも、企業には睡眠改善のための工夫が求められそうだ。


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
社員の健康増進と人財戦略強化をサポート~健康経営支援ソリューション「Health Ledger」の提供を開始:EPテクノ

2019/08/19 関連キーワード:EPテクノ Health Ledger 健康管理 ストレスチェック 定期健康診断

ニュース
がん治療と仕事 企業にできる両立支援とは

2019/08/15 関連キーワード:がん就労支援 大和証券 田辺三菱製薬

ニュース
社員一人ひとりのヘルスリテラシーの向上に向けた取組みを組織的に推進~『東京メトログループ健康宣言』を制定:東京地下鉄

2019/07/31 関連キーワード:東京地下鉄 健康経営 ストレスチェック 運動不足解消 睡眠ケア 喫煙対策 女性活躍推進

ニュース
メンタルヘルス休職 スムーズな復職のカギは?

2019/07/23 関連キーワード:メンタルヘルス 職場復帰支援 ヤフー

ニュース
オフィスの受動喫煙防止 企業の対応が本格化

2019/07/10 関連キーワード:改正健康増進法 禁煙 喫煙 受動喫煙