人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/10/12

目指せ、肥満症撲滅 企業で進む多様な取り組み

今月7日、日本肥満学会をはじめとする医学系23学会は、「神戸宣言2018」を採択。肥満症の撲滅に向けて、各分野の連携を進めると発表した。「肥満症」とは、BMI25以上の肥満状態であることに加え、それに関連した病気を引きおこしているなどの理由で、治療を必要とする状態のこと。

 

肥満症になり、状態が悪化すれば、仕事の能率低下や就業が困難な状態にも陥りかねない。こうした状態の従業員を減らすため、肥満対策を行う企業も増えている。

 

日本航空株式会社では、「脱!メタボ塾課外授業」として、BMI25.0以上の社員を対象にダイエット施策を実施。ダイエット食品を使った食事の置き換えの推奨や、管理栄養士によるメールでのアドバイスを行っている。参加者は、平均3.7kgの減量に成功しているという。また、ロート製薬株式会社では「Wellness Challenge(通称:ウェルチャレ)」として、部署ごとに健康を競う取り組みを実施。参加する従業員のデータを開示し、競争意識を高めることで、健康を意識する雰囲気を醸成した。参加者の中には、体重11.5キログラム・体脂肪7.7パーセント減に成功した従業員もいたという。

 

人手不足が深刻化する中、従業員に健康な状態で長期間働いてもらうことは、企業にとって重要な課題だ。肥満状態にある従業員を減らすための取り組みは、ますます多くの企業で進むだろう。

 

(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

注目のHR Technology特集