人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/10/05

広がるスニーカー通勤 運動促進の効果も

運動不足解消に向けて、スニーカーなどの歩きやすい靴での通勤を推奨する企業が増えている。

 

NTTドコモでは10月1日から11月30日まで、グループ従業員およびショップスタッフ6万人を対象に、社内ウォーキングキャンペーン「ドコモみんなで歩こう! キャンペーン2018」を実施。スニーカー通勤を推奨し、従業員の運動促進をねらう。

 

また、東急電鉄では「WalkBiz」(ウォークビズ)として、歩きやすい靴で通勤・勤務するスタイルを推奨。ひと駅歩くことや階段を上ることで、職場を運動環境に変える取り組みを実施している。

 

政府もこうした取り組みを後押ししている。スポーツ庁は昨年10月、ビジネスパーソンのスポーツ参画人口拡大を通じて国民の健康増進を図る官民連携プロジェクト『FUN+WALK PROJECT』をスタート。運動不足を感じつつも、忙しくてスポーツをする時間の取れない働き盛り世代に向けて歩きやすい服装での通勤などを推奨し、「歩く」習慣の定着を目指す。

 

こうした取り組みが、実際に運動促進につながった事例もある。スニーカー通勤による運動不足解消に県民運動として取り組む福井県では、スニーカー通勤を実施した県庁職員の歩数が、一日あたり平均1273歩(約27%)アップしたという。手軽に取り入れられるスニーカー通勤を後押しする企業は、今後ますます増加するだろう。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

注目のHR Technology特集