人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/10/01

働き方改革へ向け、従業員の働き方を分析~ワークスタイル健康診断サービス『はたらきかた健診』の提供を開始:イトーキ

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗 以下、イトーキ)は、従業員のワークスタイル健康診断サービス『はたらきかた健診』の提供を開始いたしました。

『はたらきかた健診』は、「働き方改革」や「健康経営」の課題分析、効果検証に活用できるWEBアンケートサービスです。「働き方改革」や「健康経営」に取り組みたいが、何から実施して良いかわからない、実施した施策の効果を定量的に測りたい、という時に活用いただけるサービスです。従業員がどのような働き方をしているか、それが健康や生産性にどのような影響を与えているのかを“見える化”することで、働きながらの健康づくりを促し、高い生産性を発揮できるように診断・分析いたします。


■主な特長
設問は約80問。仕事のパフォーマンス、健康状態、働き方の大きく3つのカテゴリーで構成されています。

結果はそれぞれの設問、もしくはカテゴリーで得点化され、当社が蓄積した約2万人のビジネスマンの統計情報(※)と比較することが可能。約2万人の統計情報を基に導き出したカテゴリー間の相関関係から、従業員のパフォーマンスを低下させている健康状態、働き方の要因は何か、を把握することができます。

※当社が受託した経済産業省の平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業「健康経営に貢献するオフィス環境の調査事業」による統計情報。「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。


<費用>
価格につきましては、お問い合わせください。
※価格例:1,000名で約215万円、3,000名で約525万円


■Workcise(ワークサイズ)
「Workcise(ワークサイズ)」とは、「Work(働く)」と「Exercise(健康活動)」を組み合わせた造語です。屋外やスポーツジムなどで行う健康活動ではなく、たとえば立って仕事をする、誰かの席まで歩いていくといった“仕事にも健康にも良い行動”のことです。

当社では2012年以来、日常の働き方にワークサイズを取り入れることで、日々の行動の積み重ねによる健康づくりへの意識を促し、日本のワーカーが元気になる環境創りに取り組んでまいりました。

厚生労働省 「第3回 健康寿命をのばそう!アワード」 厚生労働大臣優秀賞受賞をはじめとし、数多くの社外の組織・団体から高い評価をいただいております。

ワークサイズスペシャルサイト


<本リリースへのお問い合わせ先>
株式会社イトーキ お客様相談センター
TEL:0120-164177
受付時間:9 時~17 時
(土・日曜日・祝日・夏季休業日・年末年始除く)

<報道関係者お問い合わせ先>
株式会社イトーキ 広報担当 伊藤・溝尾
TEL:03-5566-7041

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社イトーキ https://www.itoki.jp/ /9月27日発表・同社プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

注目のHR Technology特集