人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/09/21

「イキイキワクワク健康経営宣言」を策定~すべての社員がイキイキワクワク健康的に働き 新たな価値創造にチャレンジする会社を目指す:住友商事

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、社員1人ひとりが最大限にパフォーマンスを発揮するためには、心身の「健康」が最重要であり、これを基盤としてこそ新たな価値創造を続けていくことができるという考えの下、住友商事グループの「イキイキワクワク健康経営宣言」を策定しました。住友商事グループは、「イキイキワクワク健康経営宣言」に基づき、グループ各社の実情に応じて取り組みを行っていきます。

 

<イキイキワクワク健康経営宣言>
住友商事グループは、すべての社員がイキイキワクワク健康的に働き 新たな価値創造にチャレンジする会社を目指します。

当社グループの経営理念である「健全な事業活動を通じて豊かさと夢を実現する」ためには、 社員一人ひとりが最大限にパフォーマンスを発揮し、新たな 価値創造を続けていく必要があります。 そのためには、社員一人ひとりの「健康」がなにより大切です。

従来取り組んできた健康維持・増進施策を一段とパワーアップして、 イキイキワクワク健康的に働き、付加価値を生み出す「健康経営」に住友商事グル-プの人材戦略として取り組みます。 住友商事グル-プで共有できる健康増進基盤の整備やグル-プ各社の実情に応じて 実効性ある施策の検討・実施・効果検証・改善を行っていきます。

住友商事グル-プは、変化が激しく複雑性に満ちた、厳しいグロ-バルビジネス環境で働く社員の健康を最重要経営資源と捉え、 社員の心身の健康維持・増進を戦略的に実践していくことを宣言します。

 

また、住友商事は、イキイキと働き続けるための「ヘルスリテラシー向上」、次に万が一病気になっても大丈夫という「もしもに備える安心体制」、そして商社ならではの「グローバル医療サポート」の3つを健康経営の主軸として「イキイキワクワク健康経営宣言」に基づき、より一層健康経営に取り組みます。今後は、社内診療所やカウンセリングセンター等の既存リソースを徹底活用した上で、ヘルスケア等当社内取組とのコラボレーションも積極的に検討・展開していきます。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(住友商事株式会社 https://www.sumitomocorp.com/ja/jp /9月20日発表・同社プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

注目のHR Technology特集