人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/09/14

睡眠で休養が十分に取れていない人が増加 生産性への影響も懸念

厚生労働省は今月11日、平成29年「国民健康・栄養調査」を発表。「睡眠で休養が十分に取れていない」と回答する人の割合が、調査開始以来過去最高(20.2%)となったことを明らかにした。特に割合が高いのは40代で、平均睡眠時間に関しても「6時間未満」と答えた人が男性(48.5%)女性(52.4%)ともに全年代で最も多かった

 

健康経営の一環として、従業員の睡眠改善に取り組む企業もある。日清食品ホールディングス株式会社では、昨年12月に「六十年寝太郎プロジェクト」を開始。従業員有志400名にウェアラブル活動量計を配布し、睡眠状態の把握や睡眠の質向上を行うことで、睡眠不足解消を目指している。また、社内のイントラネットには特設サイトを設置。睡眠の基礎知識や快眠のための技術など、良質な睡眠をとるためのサポートも行っている。プロジェクトは参加者の累計睡眠時間が60年(531,000時間)に達するまで継続され、終了後には国内外の飢餓や貧困に苦しむ子供たちに、合計100万円が寄付される予定だ。

 

厚生労働省『過労死等防止対策白書』によると、睡眠時間が足りていない人がその理由として最も多くあげたのが、「残業時間が長いため」(36.1%)だったという。しかし、寝不足が続けば生産性が低下し、さらなる残業につながってしまう危険もある。従業員の「睡眠」は、今後企業にとって注目すべきポイントとなるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
目指せ、肥満症撲滅 企業で進む多様な取り組み

2018/10/12 関連キーワード:メタボリックシンドローム メタボ BMI 肥満 日本肥満学会 日本航空 脱!メタボ塾課外授業 ロート製薬株式会社 Wellness Challenge 健康経営 肥満症

ニュース
健康経営を推進する福利厚生制度の一貫として「睡眠報酬制度」を導入~社員の睡眠量を可視化し、決められた指標を達成した社員に対して報酬を支払う制度:CRAZY

2018/10/11 関連キーワード:CRAZY 睡眠報酬制度 福利厚生 健康経営

ニュース
いきいき職場で会社は変わる!活気ある職場作りを効率的に実現~職場活性化支援サービス「いきいき@職場の健康」を販売開始:ソフトウェアテクノロジーズ

2018/10/10 関連キーワード:富士通ソフトウェアテクノロジーズ いきいき@職場の健康 健康経営 ストレスチェック 職場活性化

ニュース
広がるスニーカー通勤 運動促進の効果も

2018/10/05 関連キーワード:スニーカー 東急電鉄 WalkBiz NTTドコモ FUN+WALK PROJECT スポーツ庁 運動促進

ニュース
HRテクノロジーを活用し、企業の働き方改革と健康経営をサポート~新サービス『ベネフィット・ステーションNEXT』11月1日より開始。「約140万件の福利厚生優待サービス」&「健康ポイント」を提供:ベネフィット・ワン

2018/10/02 関連キーワード:ベネフィット・ワン パソナグループ ベネフィット・ステーション ベネフィット・ステーションNEXT 健康管理・メンタルヘルス 福利厚生

従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集