人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/09/14

睡眠で休養が十分に取れていない人が増加 生産性への影響も懸念

厚生労働省は今月11日、平成29年「国民健康・栄養調査」を発表。「睡眠で休養が十分に取れていない」と回答する人の割合が、調査開始以来過去最高(20.2%)となったことを明らかにした。特に割合が高いのは40代で、平均睡眠時間に関しても「6時間未満」と答えた人が男性(48.5%)女性(52.4%)ともに全年代で最も多かった

 

健康経営の一環として、従業員の睡眠改善に取り組む企業もある。日清食品ホールディングス株式会社では、昨年12月に「六十年寝太郎プロジェクト」を開始。従業員有志400名にウェアラブル活動量計を配布し、睡眠状態の把握や睡眠の質向上を行うことで、睡眠不足解消を目指している。また、社内のイントラネットには特設サイトを設置。睡眠の基礎知識や快眠のための技術など、良質な睡眠をとるためのサポートも行っている。プロジェクトは参加者の累計睡眠時間が60年(531,000時間)に達するまで継続され、終了後には国内外の飢餓や貧困に苦しむ子供たちに、合計100万円が寄付される予定だ。

 

厚生労働省『過労死等防止対策白書』によると、睡眠時間が足りていない人がその理由として最も多くあげたのが、「残業時間が長いため」(36.1%)だったという。しかし、寝不足が続けば生産性が低下し、さらなる残業につながってしまう危険もある。従業員の「睡眠」は、今後企業にとって注目すべきポイントとなるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
ハーブ・アロマコミュニティスペース設置で生産性の向上推進~健康経営推進企業向け「オフィス森林浴プロジェクト」サービスを開始:イコア

2018/12/18 関連キーワード:イコア オフィス森林浴プロジェクト 健康経営 メンタルヘルス ストレス解消

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

注目のHR Technology特集