人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/09/14

睡眠で休養が十分に取れていない人が増加 生産性への影響も懸念

厚生労働省は今月11日、平成29年「国民健康・栄養調査」を発表。「睡眠で休養が十分に取れていない」と回答する人の割合が、調査開始以来過去最高(20.2%)となったことを明らかにした。特に割合が高いのは40代で、平均睡眠時間に関しても「6時間未満」と答えた人が男性(48.5%)女性(52.4%)ともに全年代で最も多かった

 

健康経営の一環として、従業員の睡眠改善に取り組む企業もある。日清食品ホールディングス株式会社では、昨年12月に「六十年寝太郎プロジェクト」を開始。従業員有志400名にウェアラブル活動量計を配布し、睡眠状態の把握や睡眠の質向上を行うことで、睡眠不足解消を目指している。また、社内のイントラネットには特設サイトを設置。睡眠の基礎知識や快眠のための技術など、良質な睡眠をとるためのサポートも行っている。プロジェクトは参加者の累計睡眠時間が60年(531,000時間)に達するまで継続され、終了後には国内外の飢餓や貧困に苦しむ子供たちに、合計100万円が寄付される予定だ。

 

厚生労働省『過労死等防止対策白書』によると、睡眠時間が足りていない人がその理由として最も多くあげたのが、「残業時間が長いため」(36.1%)だったという。しかし、寝不足が続けば生産性が低下し、さらなる残業につながってしまう危険もある。従業員の「睡眠」は、今後企業にとって注目すべきポイントとなるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
「健康経営銘柄2019」に37社を選定しました~ヤフー、SOMPOホールディングス、オムロンなどが初選定(経済産業省)

2019/02/22 関連キーワード:経済産業省 東京証券取引所 健康経営銘柄

ニュース
「健康経営優良法人2019」認定法人が認定されました~大規模法人部門821法人、中小規模法人部門2503法人を認定(経済産業省)

2019/02/22 関連キーワード:経済産業省 健康経営優良法人認定制度 健康経営優良法人 健康経営 ホワイト500

ニュース
高セキュリティで従業員の健診データを一元管理~『FiNC ウェルネスストレージ』を提供開始:FiNC Technologies

2019/02/14 関連キーワード:FiNC Technologies FiNC ウェルネスストレージ 健康診断 健康データ クラウドサービス

ニュース
独自の社内通貨で従業員の健康づくりをサポート!健康コイン『ARUCO(アルコ)』を導入~歩いて、動いて、どんどん貯まる。選んで、使って、ますます健康に:ロート製薬

2019/02/14 関連キーワード:ロート製薬 ARUCO 社内通貨 健康経営

ニュース
従業員のストレスチェックの結果から、自社の「活性度(生産性)」やパフォーマンス低下による「プレゼンティーズム損失額」がわかる~ストレスチェックシステム『Co-Labo』の新機能、『プレゼンティーズム分析レポート』をリリース:ヒューマネージ、保健同人社

2019/02/08 関連キーワード:保健同人社 ヒューマネージ TEAMS プレゼンティーズム分析レポート Co-Labo プレゼンティーズム ストレスチェック

ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集