人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/07/14

「お酒はほどほどに」 従業員に呼び掛ける企業

健康経営に注目が集まる中で、従業員に向けて過度な「飲酒」への注意を呼びかける、企業の動きが進んでいる。

 

キリンホールディングスでは、「メンタルヘルス」「生活習慣病」「お酒との付き合い方」を健康経営の重点課題として、専門医と連携しながら啓発・指導・改善に取り組む。従業員には適性飲酒に関する知識を深めてもらうため、集合研修とオンライン研修を実施している。また、カゴメでは「健康7ヶ条」の一つとして「お酒はほどほど、煙は避けて」を設定。従業員に向けて、過度な飲酒への注意を呼びかけている。

 

厚生労働省が発表している「平成28年度 国民生活基礎調査」によると、「毎日飲酒している」人の割合が多いのは、男性では30 代以上、女性は40 代以上。20 歳以上の人のうち、生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人は、男性のうち14.7%、女性のうち8.9%にのぼったという。

 

過度な飲酒は肝臓障害をはじめ、さまざまな病気のリスクをもたらす。従業員の健康実現に向けて、企業には従業員一人ひとりが「飲酒」に関する知識を身に付けられるよう、サポートすることが求められるだろう。

 

(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
単独の健保組合でサービス拡充 アダストリア

2021/11/22 関連キーワード:健康診断 健康保険組合 健康経営

ニュース
企業の福利厚生向けオンラインカウンセリングサービスの提供を開始

2021/10/28 関連キーワード:心理カウンセラー 健康経営 福利厚生 メンタルヘルス

ニュース
従業員の健康維持・増進を支援するコーポレートウェルネスサービス「karado!(カラドゥ)」の提供を開始

2021/10/26 関連キーワード:健康管理 健康経営

ニュース
働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査

2021/09/23 関連キーワード:新型コロナウイルス ストレスチェック メンタルヘルス

ニュース
「健康経営銘柄2022」及び「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始しました

2021/09/03 関連キーワード:ブライト500 ホワイト500 健康経営優良法人 健康経営銘柄 健康経営