人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/07/11

うつ病などで労災認定、過去最多 約3割は残業時間100時間以上

従業員のメンタルヘルス対策が、多くの企業の課題となっている。

 

厚生労働省が今月6日に発表した「平成29年度 過労死等の労災補償状況」の取りまとめによると、仕事によってうつ病や精神疾患を発症し、労災認定を受けた人は506人(前年度+8人)で、統計開始以降はじめて500人を超えた。認定を受けた人のうち、約3割は平均残業時間(1ヵ月当たり)が100時間以上だったという。

 

長時間労働によるメンタルヘルス不調を防ぐための取り組みを進める企業もある。

 

TOTOグループでは、法定の実施基準に加えて社内基準を設け、医師による長時間労働者への面接指導を実施。健康状態の確認と助言指導を行うとともに、対象者には再発防止のため、上司と業務の見直しを行い、方策を検討するよう求めている。

 

また、コニカミノルタでは、前月の残業時間が80時間以上、もしくは3ヵ月連続で残業時間が60時間以上の従業員に対して、産業医による健診を義務付けている。さらに上長には「業務改善計画書」の提出を義務付け、2ヵ月連続での長時間勤務の防止を徹底しているという。

 

働き方改革の一環として残業時間削減に取り組む企業は多いが、それと同時に、従業員の心のケアをしっかりと行うことも、企業には求められている。
 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
高セキュリティで従業員の健診データを一元管理~『FiNC ウェルネスストレージ』を提供開始:FiNC Technologies

2019/02/14 関連キーワード:FiNC Technologies FiNC ウェルネスストレージ 健康診断 健康データ クラウドサービス

ニュース
独自の社内通貨で従業員の健康づくりをサポート!健康コイン『ARUCO(アルコ)』を導入~歩いて、動いて、どんどん貯まる。選んで、使って、ますます健康に:ロート製薬

2019/02/14 関連キーワード:ロート製薬 ARUCO 社内通貨 健康経営

ニュース
従業員のストレスチェックの結果から、自社の「活性度(生産性)」やパフォーマンス低下による「プレゼンティーズム損失額」がわかる~ストレスチェックシステム『Co-Labo』の新機能、『プレゼンティーズム分析レポート』をリリース:ヒューマネージ、保健同人社

2019/02/08 関連キーワード:保健同人社 ヒューマネージ TEAMS プレゼンティーズム分析レポート Co-Labo プレゼンティーズム ストレスチェック

ニュース
「100%の状態で勤務できている」従業員はわずか1割。9割の従業員がパフォーマンスの低下を実感しており、「25%以上パフォーマンスが落ちている」従業員も2割存在~「ストレスチェック×プレゼンティーズム」の調査研究:ヒューマネージ、保健同人社

2019/02/08 関連キーワード:保健同人社 ヒューマネージ TEAMS プレゼンティーズム評価とストレスチェック結果との関連性 岡田邦夫 健康経営研究会 プレゼンティーズム ストレスチェック 睡眠時間 ビジネスパフォーマンス

ニュース
実践事例から学ぶ自律した人材を教育・育成する組織づくり~『ウェルビーイング経営の考え方と進め方――健康経営の新展開』(森永雄太:著)労働新聞社より刊行

2019/02/06 関連キーワード:ウェルビーイング経営の考え方と進め方 労働新聞社 ウェルビーイング モチベーション向上 自律型社員育成 健康経営 生産性向上

ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集