人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/07/11

うつ病などで労災認定、過去最多 約3割は残業時間100時間以上

従業員のメンタルヘルス対策が、多くの企業の課題となっている。

 

厚生労働省が今月6日に発表した「平成29年度 過労死等の労災補償状況」の取りまとめによると、仕事によってうつ病や精神疾患を発症し、労災認定を受けた人は506人(前年度+8人)で、統計開始以降はじめて500人を超えた。認定を受けた人のうち、約3割は平均残業時間(1ヵ月当たり)が100時間以上だったという。

 

長時間労働によるメンタルヘルス不調を防ぐための取り組みを進める企業もある。

 

TOTOグループでは、法定の実施基準に加えて社内基準を設け、医師による長時間労働者への面接指導を実施。健康状態の確認と助言指導を行うとともに、対象者には再発防止のため、上司と業務の見直しを行い、方策を検討するよう求めている。

 

また、コニカミノルタでは、前月の残業時間が80時間以上、もしくは3ヵ月連続で残業時間が60時間以上の従業員に対して、産業医による健診を義務付けている。さらに上長には「業務改善計画書」の提出を義務付け、2ヵ月連続での長時間勤務の防止を徹底しているという。

 

働き方改革の一環として残業時間削減に取り組む企業は多いが、それと同時に、従業員の心のケアをしっかりと行うことも、企業には求められている。
 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

ニュース
社員のがん治療と仕事の両立を支援~がん総合検診を導入し、早期発見から医療支援まで社員をサポート:伊藤忠テクノソリューションズ

2018/10/25 関連キーワード:伊藤忠テクノソリューションズ がん治療と仕事の両立支援 検診費用補助 健康経営

次世代リーダー育成に役立つソリューション特集