人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/04/23

健康経営のカギは従業員のヘルスリテラシー?

健康への関心が高まる中、「ヘルスリテラシー」をいかに高めるかが注目されている。ヘルスリテラシーとは、健康に関する情報を正しく理解し、効果的に利用する力を指す。

 

健康経営の一環として、従業員のヘルスリテラシー向上に取り組む企業も増えている。花王では、「ヘルスリテラシーの高い社員を増やす」ことを健康経営の目標に設定。内臓脂肪をマーカーとした生活習慣測定会や、しっかり食べても太りにくい食事の「質」に関するセミナーなどを実施している。また、SCSKでは全社員を対象に、健康に特化したe-Learning研修を実施。部課長クラスには集合研修も実施している。2016年度の受講率は全従業員の96%にのぼり、従業員の「ヘルスリテラシー」の向上へとつなげている。

 

日本とEU8ヵ国(オーストリア、ブルガリア、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、オランダ、ポーランド、スペイン)のヘルスリテラシーを比較した調査(※)によると、「気になる病気の症状に関する情報を見つけるのは難しい」と回答した割合は、EUで22.8%日本では46.1%「医師に言われたことを理解するのは難しい」と答えた割合も、EUの15.3%に対して日本では44%と、日本人のヘルスリテラシーの低さが浮き彫りとなった。

 

健康や病気に関する情報を正しく理解することで、病気の予防や早期発見にもつながる。従業員が長く健康に働くためにも、ヘルスリテラシーの向上にむけた、企業のさらなるサポートが求められるだろう。

 

 

 

※European Health Literacy Survey Questionnaire 、HLS-EU-Q47
https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-015-1835-x

 

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
目指せ、肥満症撲滅 企業で進む多様な取り組み

2018/10/12 関連キーワード:メタボリックシンドローム メタボ BMI 肥満 日本肥満学会 日本航空 脱!メタボ塾課外授業 ロート製薬株式会社 Wellness Challenge 健康経営 肥満症

ニュース
健康経営を推進する福利厚生制度の一貫として「睡眠報酬制度」を導入~社員の睡眠量を可視化し、決められた指標を達成した社員に対して報酬を支払う制度:CRAZY

2018/10/11 関連キーワード:CRAZY 睡眠報酬制度 福利厚生 健康経営

ニュース
いきいき職場で会社は変わる!活気ある職場作りを効率的に実現~職場活性化支援サービス「いきいき@職場の健康」を販売開始:ソフトウェアテクノロジーズ

2018/10/10 関連キーワード:富士通ソフトウェアテクノロジーズ いきいき@職場の健康 健康経営 ストレスチェック 職場活性化

ニュース
広がるスニーカー通勤 運動促進の効果も

2018/10/05 関連キーワード:スニーカー 東急電鉄 WalkBiz NTTドコモ FUN+WALK PROJECT スポーツ庁 運動促進

ニュース
HRテクノロジーを活用し、企業の働き方改革と健康経営をサポート~新サービス『ベネフィット・ステーションNEXT』11月1日より開始。「約140万件の福利厚生優待サービス」&「健康ポイント」を提供:ベネフィット・ワン

2018/10/02 関連キーワード:ベネフィット・ワン パソナグループ ベネフィット・ステーション ベネフィット・ステーションNEXT 健康管理・メンタルヘルス 福利厚生

従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集