人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/04/05

生産性向上はまず食事から? 増える朝食の無料提供

健康経営の一環として、従業員に朝食の提供を行う企業が増えている。

 

ヤフーでは、2017年3月から、朝食の無料提供をトライアルで実施している。同社は以前から社食で栄養バランスの取れたメニュー低カロリーメニューなどを提供しており、食事を通じた従業員の健康支援を行っている。

 

また、マクロミルでは、朝食企画「シャッフルモーニング!」を実施。「出身や住まいが同じ地域の人」「学生時代の部活が同じ人」など、さまざまなテーマで参加者を募り、朝食を取りながら交流を行っている。提供されるのは野菜ソムリエなどのアドバイスをもとに開発されたオリジナルメニューで、社員の健康促進とコミュニケーション活性化につながっているという。

 

この他にも、伊藤忠商事LINEオプトなど、複数の企業が従業員への朝食の無料提供を実施している。

 

厚生労働省が昨年9月に発表した調査によると、朝食の欠食率は20代で最も高く、男性37.4%、女性は23.1%だった。朝食を抜くと、脳のエネルギーとなるブドウ糖が不足し、集中力や記憶力の低下にもつながる。働き方改革が進み、多くの企業が生産性向上に取り組む中で、「食事」の面から従業員の支援を行う動きは、ますます活発になるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

注目のHR Technology特集