人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/30

睡眠不足で労働時間を年60万日損失? 生産性向上に直結する「睡眠改善」とは

働き方改革が進み、各社が生産性向上に取り組む中で、「睡眠」の重要性に注目が集まっている。

 

三井物産では、社員向けに睡眠改善の実証実験を開始。海外出張が多く、睡眠が不規則になりやすい社員20人を対象に、睡眠中の心拍や呼吸、体の動きを測り、最適な入眠時刻や食事を取るべき時間を提案する

 

また、吉野家では昨年、シフト勤務などの影響で生活が不規則になりやすい店長50人を対象に、睡眠の質を向上させる実験を実施。ウェアラブル端末から得られるデータと、スマートフォンのアプリ上で1 分程度で回答できるアンケートデータを組み合わせ、睡眠改善のアドバイスを行った(日本経済新聞より)。

 

イギリスの非営利研究機関ランド・ヨーロッパの調査研究によると、睡眠不足での生産性低下による日本の経済損失額は、国内総生産(GDP)比で2.92%で、調査対象5ヵ国のうち最下位。社会全体では年60万日を超える労働時間を損失しているという。

 

睡眠不足などによる生産性の低下は目に見えづらいが、改善することによって大きな効果が期待できる。今後、取り組みを行う企業はますます増加するだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
単独の健保組合でサービス拡充 アダストリア

2021/11/22 関連キーワード:健康診断 健康保険組合 健康経営

ニュース
企業の福利厚生向けオンラインカウンセリングサービスの提供を開始

2021/10/28 関連キーワード:心理カウンセラー 健康経営 福利厚生 メンタルヘルス

ニュース
従業員の健康維持・増進を支援するコーポレートウェルネスサービス「karado!(カラドゥ)」の提供を開始

2021/10/26 関連キーワード:健康管理 健康経営

ニュース
働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査

2021/09/23 関連キーワード:新型コロナウイルス ストレスチェック メンタルヘルス

ニュース
「健康経営銘柄2022」及び「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始しました

2021/09/03 関連キーワード:ブライト500 ホワイト500 健康経営優良法人 健康経営銘柄 健康経営