人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/30

睡眠不足で労働時間を年60万日損失? 生産性向上に直結する「睡眠改善」とは

働き方改革が進み、各社が生産性向上に取り組む中で、「睡眠」の重要性に注目が集まっている。

 

三井物産では、社員向けに睡眠改善の実証実験を開始。海外出張が多く、睡眠が不規則になりやすい社員20人を対象に、睡眠中の心拍や呼吸、体の動きを測り、最適な入眠時刻や食事を取るべき時間を提案する

 

また、吉野家では昨年、シフト勤務などの影響で生活が不規則になりやすい店長50人を対象に、睡眠の質を向上させる実験を実施。ウェアラブル端末から得られるデータと、スマートフォンのアプリ上で1 分程度で回答できるアンケートデータを組み合わせ、睡眠改善のアドバイスを行った(日本経済新聞より)。

 

イギリスの非営利研究機関ランド・ヨーロッパの調査研究によると、睡眠不足での生産性低下による日本の経済損失額は、国内総生産(GDP)比で2.92%で、調査対象5ヵ国のうち最下位。社会全体では年60万日を超える労働時間を損失しているという。

 

睡眠不足などによる生産性の低下は目に見えづらいが、改善することによって大きな効果が期待できる。今後、取り組みを行う企業はますます増加するだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
ハーブ・アロマコミュニティスペース設置で生産性の向上推進~健康経営推進企業向け「オフィス森林浴プロジェクト」サービスを開始:イコア

2018/12/18 関連キーワード:イコア オフィス森林浴プロジェクト 健康経営 メンタルヘルス ストレス解消

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

注目のHR Technology特集