人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/28

健康づくりはオフィスから 増える企業の取り組み

従業員の健康増進が企業の成長にもつながるとする「健康経営」の考え方が広がる中で、オフィスにも「健康」を意識した仕組みを取り入れる企業が増えている。

 

イトーキでは、働き方の変革を通じて社員の健康づくりを促す「ワークサイズ」を実施。その一環として、オフィス内には立って仕事ができるスペースを設け、社員の運動不足解消を狙う。また、定時になると暖色で低照度の光に変わる照明を導入し、早帰りを促進することで、体内リズムの調整ができる仕組みをつくっている。

 

竹中工務店博報堂は、オフィスワーカーの運動不足解消を目指し、オフィス内の階段利用を促進させる新技術の開発に着手。社員の持つIoTセンサーと連動し、踊り場などに階段をのぼることが楽しくなる映像などを流すことで、日常的に社員が階段を利用したくなるようにする。竹中工務店のオフィス内で、一部の社員を対象に実証を行ったところ、階段利用量が平均26.1%増加。効果は実験終了後も持続したという。

 

オフィスを工夫することで、従業員は自然に健康習慣を身に付けることができる。人生100年時代といわれる現在、長い仕事人生を健康でいきいきと過ごすためには、オフィスのあり方を改めて考えてみる必要があるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
ハーブ・アロマコミュニティスペース設置で生産性の向上推進~健康経営推進企業向け「オフィス森林浴プロジェクト」サービスを開始:イコア

2018/12/18 関連キーワード:イコア オフィス森林浴プロジェクト 健康経営 メンタルヘルス ストレス解消

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

注目のHR Technology特集