人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/28

健康づくりはオフィスから 増える企業の取り組み

従業員の健康増進が企業の成長にもつながるとする「健康経営」の考え方が広がる中で、オフィスにも「健康」を意識した仕組みを取り入れる企業が増えている。

 

イトーキでは、働き方の変革を通じて社員の健康づくりを促す「ワークサイズ」を実施。その一環として、オフィス内には立って仕事ができるスペースを設け、社員の運動不足解消を狙う。また、定時になると暖色で低照度の光に変わる照明を導入し、早帰りを促進することで、体内リズムの調整ができる仕組みをつくっている。

 

竹中工務店博報堂は、オフィスワーカーの運動不足解消を目指し、オフィス内の階段利用を促進させる新技術の開発に着手。社員の持つIoTセンサーと連動し、踊り場などに階段をのぼることが楽しくなる映像などを流すことで、日常的に社員が階段を利用したくなるようにする。竹中工務店のオフィス内で、一部の社員を対象に実証を行ったところ、階段利用量が平均26.1%増加。効果は実験終了後も持続したという。

 

オフィスを工夫することで、従業員は自然に健康習慣を身に付けることができる。人生100年時代といわれる現在、長い仕事人生を健康でいきいきと過ごすためには、オフィスのあり方を改めて考えてみる必要があるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
「お酒はほどほどに」 従業員に呼び掛ける企業

2018/07/14 関連キーワード:飲酒 アルコール キリンホールディングス カゴメ 健康7ヶ条 国民生活基礎調査 厚生労働省 健康経営 生活習慣病

ニュース
うつ病などで労災認定、過去最多 約3割は残業時間100時間以上

2018/07/11 関連キーワード:うつ病 メンタル メンタルヘルス TOTO コニカミノルタ 労災 残業 産業医

ニュース
「三井ダイレクト損保 健康宣言」を制定~健康宣言を制定し、健康経営を推進:三井ダイレクト損害保険

2018/07/09 関連キーワード:三井ダイレクト損保 三井ダイレクト損保 健康宣言 健康経営 働き方改革 生活習慣病予防

ニュース
ウェルネス・コミュニケーションズと業務提携し「ヘルスサポートシステム」の販売を開始~インターネットを活用した効率的な健康管理を支援: SOMPOリスケアマネジメント

2018/07/02 関連キーワード:ウェルネス・コミュニケーションズ 健康管理システム メンタルヘルス ストレスチェック 健康経営 健康診断 長時間労働対策 ヘルスサポートシステム SOMPOリスケアマネジメント

ニュース
社会から愛される永続的に存在する「持続可能な企業」を目指す『サステナブル宣言』を策定:ファンケル

2018/06/25 関連キーワード:サステナブル ファンケル 永続的 持続可能 実行2020