人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/28

健康づくりはオフィスから 増える企業の取り組み

従業員の健康増進が企業の成長にもつながるとする「健康経営」の考え方が広がる中で、オフィスにも「健康」を意識した仕組みを取り入れる企業が増えている。

 

イトーキでは、働き方の変革を通じて社員の健康づくりを促す「ワークサイズ」を実施。その一環として、オフィス内には立って仕事ができるスペースを設け、社員の運動不足解消を狙う。また、定時になると暖色で低照度の光に変わる照明を導入し、早帰りを促進することで、体内リズムの調整ができる仕組みをつくっている。

 

竹中工務店博報堂は、オフィスワーカーの運動不足解消を目指し、オフィス内の階段利用を促進させる新技術の開発に着手。社員の持つIoTセンサーと連動し、踊り場などに階段をのぼることが楽しくなる映像などを流すことで、日常的に社員が階段を利用したくなるようにする。竹中工務店のオフィス内で、一部の社員を対象に実証を行ったところ、階段利用量が平均26.1%増加。効果は実験終了後も持続したという。

 

オフィスを工夫することで、従業員は自然に健康習慣を身に付けることができる。人生100年時代といわれる現在、長い仕事人生を健康でいきいきと過ごすためには、オフィスのあり方を改めて考えてみる必要があるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
産業医に加え会員約60万超のナースコミュニティを活用し看護職がサポート~働き方改革「産業医の機能強化」に対応する企業向け新サービス『リモート産業保健』提供開始:エス・エム・エス

2019/04/10 関連キーワード:エス・エム・エス リモート産業保健 産業医 産業保健 働き方改革関連法

ニュース
オフィスの食充実で 健康とモチベーションアップ

2019/03/29 関連キーワード:健康経営 オフィス環境 食事 キリン ネタもと

ニュース
企業の従業員の心と体の健康を守り、社内活性化を図る~『健康経営実践サポートサービス』の提供をスタート:HAAAP

2019/03/22 関連キーワード:健康経営実践サポートサービス HAAAP オフィスdeスポーツ 福利厚生 運動不足解消 ストレッチ

ニュース
勤務間インターバル制度の導入や就業時間中の禁煙などにより、健康経営をさらに推進:ソフトバンク

2019/03/22 関連キーワード:ソフトバンク 勤務間インターバル制度 禁煙 がん治療 年次有給休暇取得促進

ニュース
睡眠負債を抱えがちな業界はITや不動産業界、業種では営業や専門職で睡眠不足が顕著~『日本人の睡眠負債実態調査』:O:

2019/03/20 関連キーワード:O: 睡眠負債 健康経営 睡眠不足

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集