人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/27

健康経営が追い風に? 運動やスポーツをする人が大幅に増加

健康への意識が高まる中で、運動やスポーツを行う人が増加している。スポーツ庁が今年2月に発表した調査によると、週1 日以上運動・スポーツをする成人の割合は51.5%(前年度42.5%)、週3 日以上では26.0%(前年度19.7%)と、大幅に増加した。

 

企業による健康経営の取り組みも、こうした動きを後押ししている。

 

株式会社シマノでは、健康づくりの一環として自転車通勤を推奨し、環境整備を行っている。オフィスには600台の自転車が収容可能な駐輪スペースを設けており、空気入れや工具など、メンテナンスに必要な設備も充実。さらに、通勤時に書いた汗を流せるように、地下には男女別の大浴場も整備している。こうした取り組みにより、現在、約3分の1の従業員が自転車を通勤を申請しており、週三回以上自転車に乗っていた従業員は、体重が平均1.7kg、体脂肪率が平均1.6%減少したという(経済産業省「健康経営オフィスレポート」より)。

 

継続的な運動を促すことで従業員の生活習慣病を予防できれば、医療費の削減だけでなく、生産性向上も期待できる。働き方改革が多くの企業の課題となる中で、健康経営の取り組みは、今後ますます活発になるだろう。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
ハーブ・アロマコミュニティスペース設置で生産性の向上推進~健康経営推進企業向け「オフィス森林浴プロジェクト」サービスを開始:イコア

2018/12/18 関連キーワード:イコア オフィス森林浴プロジェクト 健康経営 メンタルヘルス ストレス解消

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

注目のHR Technology特集