人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/27

健康経営が追い風に? 運動やスポーツをする人が大幅に増加

健康への意識が高まる中で、運動やスポーツを行う人が増加している。スポーツ庁が今年2月に発表した調査によると、週1 日以上運動・スポーツをする成人の割合は51.5%(前年度42.5%)、週3 日以上では26.0%(前年度19.7%)と、大幅に増加した。

 

企業による健康経営の取り組みも、こうした動きを後押ししている。

 

株式会社シマノでは、健康づくりの一環として自転車通勤を推奨し、環境整備を行っている。オフィスには600台の自転車が収容可能な駐輪スペースを設けており、空気入れや工具など、メンテナンスに必要な設備も充実。さらに、通勤時に書いた汗を流せるように、地下には男女別の大浴場も整備している。こうした取り組みにより、現在、約3分の1の従業員が自転車を通勤を申請しており、週三回以上自転車に乗っていた従業員は、体重が平均1.7kg、体脂肪率が平均1.6%減少したという(経済産業省「健康経営オフィスレポート」より)。

 

継続的な運動を促すことで従業員の生活習慣病を予防できれば、医療費の削減だけでなく、生産性向上も期待できる。働き方改革が多くの企業の課題となる中で、健康経営の取り組みは、今後ますます活発になるだろう。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
産業医に加え会員約60万超のナースコミュニティを活用し看護職がサポート~働き方改革「産業医の機能強化」に対応する企業向け新サービス『リモート産業保健』提供開始:エス・エム・エス

2019/04/10 関連キーワード:エス・エム・エス リモート産業保健 産業医 産業保健 働き方改革関連法

ニュース
オフィスの食充実で 健康とモチベーションアップ

2019/03/29 関連キーワード:健康経営 オフィス環境 食事 キリン ネタもと

ニュース
企業の従業員の心と体の健康を守り、社内活性化を図る~『健康経営実践サポートサービス』の提供をスタート:HAAAP

2019/03/22 関連キーワード:健康経営実践サポートサービス HAAAP オフィスdeスポーツ 福利厚生 運動不足解消 ストレッチ

ニュース
勤務間インターバル制度の導入や就業時間中の禁煙などにより、健康経営をさらに推進:ソフトバンク

2019/03/22 関連キーワード:ソフトバンク 勤務間インターバル制度 禁煙 がん治療 年次有給休暇取得促進

ニュース
睡眠負債を抱えがちな業界はITや不動産業界、業種では営業や専門職で睡眠不足が顕著~『日本人の睡眠負債実態調査』:O:

2019/03/20 関連キーワード:O: 睡眠負債 健康経営 睡眠不足

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集