人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2018/03/16

「健康」目指し、企業と地域が連携 地域活性化にも期待 

地域と企業が連携し、「健康増進」を目指す取り組みが活発化している。

 

埼玉県では、県民がウォーキングを楽しく続け、健康づくりを進められるよう、「埼玉県コバトン健康マイレージ」を実施。ウォーキングの歩数に応じてたまったポイントで抽選に参加でき、賞品が当たる。個人はもちろん、団体としての参加も可能で、情報サービスのAGSスーパーのヤオコー曙ブレーキ工業などの企業が、自社の健康経営推進に役立てている。

 

また、盛岡市では、盛岡商工会議所などが中心となり、地域ポイントカード「MORIO-J」カードを活用した健康経営の推進を呼びかけている。企業は従業員の健康活動などに対してカードポイントを付与。付与されたポイントは、地元の商店などで1ポイント1円として利用できる。すでに盛岡ガスなど、市内の複数企業で導入されている(日本経済新聞より)。

 

健康増進の取り組みで地域が活性化すれば、企業の収益向上にもつながるだろう。また、健康課題は、寒暖差や食文化の違いによって地域ごとに異なることも多いため、企業と地域が連携することで、より効果的な健康施策の実現が期待できる。今後、各地の取り組みがどのように進むのか、動向が注目される。

 

 

(『日本の人事部』編集部)

 


新着ニュース

ニュース
全国47都道府県から企業の体質や希望に沿った産業医を選定し、面談・マッチング・業務開始までフォロー~企業人事部門向けの産業医紹介サービスをスタート:人事部サポートSR

2018/11/28 関連キーワード:人事部サポートSR 産業医紹介 健康経営 働き方改革

ニュース
社員が休みやすい環境づくりへ~毎月1回全社一斉休暇を取得する取り組み:TBWA HAKUHODO

2018/11/08 関連キーワード:TBWA HAKUHODO 全社一斉の休暇 健康経営 長時間労働

ニュース
がん患者の診断1年目の平均休暇日数は65.8日。会社の支援はなかったと感じる患者が6割~がんと就労に関する調査報告:アフラック生命保険

2018/11/05 関連キーワード:アフラック生命保険 がんと就労に関する調査 がん 体調不良 産業医 キャンサー・ソリューションズ

ニュース
「座り過ぎは問題だと思う」は従業員8割に対し、経営者は5割にとどまる~日本人の座り過ぎ問題に関する意識調査:コクヨ

2018/11/02 関連キーワード:コクヨ 日本人の「座り過ぎ問題」に関する調査 オフィスチェアー いす

ニュース
風疹流行さらに拡大 ワクチン接種が必要な世代は?

2018/10/31 関連キーワード:風疹 ワクチン接種 ロート製薬 国立感染症研究所

注目のHR Technology特集