人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2017/11/16

ストレスチェック、雇用形態別に見ると、パート・アルバイトにおけるストレスチェックの受検率が低い~ストレスチェック制度の実態調査:情報基盤開発

東大発ベンチャー株式会社情報基盤開発(本社:東京都文京区、代表取締役:鎌田長明)は、20~59歳の男女400人(週30時間以上勤務、自営業・自由業・経営者を除く)を対象に、ストレスチェックの実施・受検状況に関する調査を実施しました。                        

 

【調査結果概要】
●ストレスチェックの実施が努力義務となっている労働者50人未満の事業場では、実施率・受検率が非常に低い。さらには、ストレスチェックが義務付けられている50人以上の事業場においても実施率は7割を下回り、受検率も半数程度となっている。

●雇用形態別に見ると、パート・アルバイトにおけるストレスチェックの受検率が低い。

●パート・アルバイトの約7割が自身のストレスの程度が高いと考えている。

●職種別に見ると、パート・アルバイトが比較的多く従事している事業場(飲食・小売業などの店舗)において、ストレスチェックの実施率が低い。

●ストレスチェックの実施が努力義務となっている事業場のみならず、実施が義務付けられている事業場においても、制度内容の理解が進んでいるとは言い難い。ストレスチェックそのもののさらなる普及活動が必要だと考えられる。また、雇用形態の多様化が進む中で、パート・アルバイトの精神面のサポートを充実させるためにも、ストレスチェック受検環境の整備に早急に取り組む必要があると考えられる。

 

【調査方法】
調査内容 : 就業先における実施状況、就業者のストレスチェック受検状況やストレスの程度について
調査対象 : 20歳から59歳までの週30時間以上勤務している就業者の男女(自営業、自由業、経営者を除く)
※ストレスチェック制度担当者ではなく、従業員を対象として調査を実施しております。
有効回答数 : 400 人
調査手法 : インターネット調査
調査期間 : 2017年6月13日(火)~2017年6月15日(木)

 

【お客様ご相談窓口】
e-mail : eigyo@altpaper.net
TEL : 0120-922-552(平日10:00~17:00、土日祝・夏季休業・年末年始を除く)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社情報基盤開発 http://altpaper.net/company/ /11月10日発表・同社プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査

2021/09/23 関連キーワード:新型コロナウイルス ストレスチェック メンタルヘルス

ニュース
「健康経営銘柄2022」及び「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始しました

2021/09/03 関連キーワード:ブライト500 ホワイト500 健康経営優良法人 健康経営銘柄 健康経営

ニュース
「職場の健康診断実施強化月間」について

2021/08/16 関連キーワード:労働安全衛生法 健康診断

ニュース
テレワーク普及へQ&A集 未導入前提に110項目 テレワーク協会・中小部会

2021/07/19 関連キーワード:人事評価 労働管理 中小企業 テレワーク

ニュース
ウェルビーイングサーベイ『Seeds』をリリース

2021/07/16 関連キーワード:健康経営 プレゼンティーイズム ストレスチェック ウェルビーイング