人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2017/10/24

企業の生産性向上に向け、「眠り」への関心高まる

生産性向上は企業にとって重要なテーマだが、そのための取組みとして現在注目されているのが、従業員の「睡眠」のサポートだ。

 

吉野家では年内にも、従業員の睡眠改善を目的に、睡眠解析システムを用いた実験を開始する。対象となるのは吉野家の店長50人で、ウェアラブル端末を用いた就寝時の心拍・呼吸の測定、スマートフォンでの質問などを分析し、個別に助言を行う(日本経済新聞より)。

 

従業員の「昼寝」を推奨する企業も増えている。ヤフーGMOインターネットグループでは、オフィス内に仮眠ができるスペースを設置。昼食後などに仮眠の時間を取ることで従業員が頭をスッキリさせ、集中力を高めて働ける環境づくりに取り組んでいる。

 

米ミシガン大学が行った、睡眠時間に関する調査によると、日本人の平均睡眠時間は7時間24分で、100ヵ国中最下位。睡眠不足は集中力を低下させ、生産性を下げる要因にもなる。働き方改革の一環として生産性向上に取り組む企業にとっても、従業員の「睡眠」の改善は、大きな鍵となるのではないだろうか。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


新着ニュース

ニュース
働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査

2021/09/23 関連キーワード:新型コロナウイルス ストレスチェック メンタルヘルス

ニュース
「健康経営銘柄2022」及び「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始しました

2021/09/03 関連キーワード:ブライト500 ホワイト500 健康経営優良法人 健康経営銘柄 健康経営

ニュース
「職場の健康診断実施強化月間」について

2021/08/16 関連キーワード:労働安全衛生法 健康診断

ニュース
テレワーク普及へQ&A集 未導入前提に110項目 テレワーク協会・中小部会

2021/07/19 関連キーワード:人事評価 労働管理 中小企業 テレワーク

ニュース
ウェルビーイングサーベイ『Seeds』をリリース

2021/07/16 関連キーワード:健康経営 プレゼンティーイズム ストレスチェック ウェルビーイング