人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2017/03/21

大和ハウス・有休取得日数が増加 2017健康経営銘柄に 東証

大和ハウス工業(株)(大阪府、大野直竹社長)は、経済産業省と東京証券取引所が選出する「健康経営銘柄2017」に指定されたと発表した。従業員の生活改善運動や年次有給休暇の取得率アップが評価された。

同社では、健康診断結果と生活習慣の問診結果を点数化して分析できるシステムを導入、生活改善活動の企画立案に役立てている。生活改善を支援する補助金制度も新設した。

年休の計画取得を義務付けた「ホームホリデー制度」の導入と、賞与支給評価基準への年休取得率の採入れにより、2015年度の平均年休取得日数が8.5日(前年度6.7日)まで増加。今年度は同9日を目標に掲げている。

ローソン、味の素、花王、デンソー、大京、東京ガスなども選ばれた。

 

(労働新聞社 労働関連ニュース 2017.03.15 より転載)


新着ニュース

ニュース
単独の健保組合でサービス拡充 アダストリア

2021/11/22 関連キーワード:健康診断 健康保険組合 健康経営

ニュース
企業の福利厚生向けオンラインカウンセリングサービスの提供を開始

2021/10/28 関連キーワード:心理カウンセラー 健康経営 福利厚生 メンタルヘルス

ニュース
従業員の健康維持・増進を支援するコーポレートウェルネスサービス「karado!(カラドゥ)」の提供を開始

2021/10/26 関連キーワード:健康管理 健康経営

ニュース
働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査

2021/09/23 関連キーワード:新型コロナウイルス ストレスチェック メンタルヘルス

ニュース
「健康経営銘柄2022」及び「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始しました

2021/09/03 関連キーワード:ブライト500 ホワイト500 健康経営優良法人 健康経営銘柄 健康経営