人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2016/12/07

会社の健康経営の取り組み、満足している会社員は五人に一人だけ。企業の健康保持・増進の取り組みに対する満足度が高い社員は、会社に対する満足度も高く~『健康経営に関する意識調査』:ティーペック

企業の健康経営支援などを手がけるティーペック株式会社(東京都台東区代表取締役社長砂原健市)は、企業に勤務している会社員1,500名を対象にした健康経営(R)に関する意識調査を行いました。調査結果は以下のとおりです。

 

■健康経営の認知度

●一般社員も3人に1人は聞いたことがある!?
会社員全般の認知度は、「内容まで知っていた」5.9%、「言葉だけは知っていた」23.5%、合計29.4%
今回の調査により、会社に対する満足度と健康への取り組みには密接な関係性があることがわかりました。多くの社員は体の不調を感じており、健康経営が求められています。しかし、現在の健康に関する取り組みに満足している社員は少なく、より積極的に健康経営に取り組むべきであると考えられます。

 

■社員の求める健康施策

●今後期待したいのは、「がん・介護と仕事の両立」や「専門医の紹介・セカンドオピニオンの提供」
<会社が実施している施策>

1位:心の健康づくりの支援(メンタルヘルス研修やカウンセリングの機会の提供)
2位:健康や治療に関して相談できる窓口(対面・電話・メール・WEB)
3位:健康づくり(運動・減量・など)に関するアドバイスなど、改善のための支援をおこなう疾病予防プログラム

<実施はしていないが、今後期待する施策>
1位:がんと診断された社員への福利厚生や就労支援
2位:介護と仕事が両立できる施策
3位:治療のための専門医、専門病院の紹介、セカンドオピニオンの提供
※調査結果は、端数処理の都合上、計と内訳の数値が一致しない場合があります。

 

■社員の健康に取り組むと、会社に対する満足度も高くなる?

●会社に対する満足度と、健康保持・増進の取り組みに対する満足度

所属する企業による、健康保持・増進の取り組みに対する会社員の満足度は5人に1人の割合の21.7%だった。また、現在勤めている会社に対する総合的な満足度は30.2%だった。

企業の健康保持・増進の取り組みに対する満足度が高い社員は、会社に対する満足度も高くなることがわかった。

・健康施策に満足している社員の会社に対する満足=88.6%
※「健康経営(R)」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

 

<調査概要>
・調査期間: 2016年8月26日~8月29日
・調査方法: インターネット調査(委託先調査会社:株式会社ネオマーケティング)
・調査対象: 全国20歳以上の会社員(正社員、契約社員、派遣社員含む)の男女1,500名

 

<本件に関するお問い合わせ先>
03-3839-1105 営業本部 塩崎・佐藤

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(ティーペック株式会社 http://www.t-pec.co.jp/ /12月6日発表・同社プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
単独の健保組合でサービス拡充 アダストリア

2021/11/22 関連キーワード:健康診断 健康保険組合 健康経営

ニュース
企業の福利厚生向けオンラインカウンセリングサービスの提供を開始

2021/10/28 関連キーワード:心理カウンセラー 健康経営 福利厚生 メンタルヘルス

ニュース
従業員の健康維持・増進を支援するコーポレートウェルネスサービス「karado!(カラドゥ)」の提供を開始

2021/10/26 関連キーワード:健康管理 健康経営

ニュース
働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査

2021/09/23 関連キーワード:新型コロナウイルス ストレスチェック メンタルヘルス

ニュース
「健康経営銘柄2022」及び「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始しました

2021/09/03 関連キーワード:ブライト500 ホワイト500 健康経営優良法人 健康経営銘柄 健康経営