人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 長島 高志氏(株式会社インヴィニオ 西日本オフィス マネージャー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

管理職を早期に変えるためには。
すぐに活かせる「オンライン・オンボーディング」の解説

長島 高志氏 photo

株式会社インヴィニオ 西日本オフィス マネージャー

長島 高志氏

ウィズコロナの時代でマネジメントの在り方が大きく変化しています。本講演では現場でのマネジメントの最前線に立つ管理職に焦点をあて、シミュレーションを使ったオンライン・オンボーディングに関して「早期にチームワークを構築する」「効果的にマネジメントを行う」ポイントを解説。新人・若手の定着を促進することで、現場と人事がwin-winになれる解決策をご案内します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

2020年、COVID-19は数多くの企業を混乱に陥れ、人財育成分野でもオンライン化を中心に大転換を迫られました。オンライントレーニングに移行したものの、十分な質と量のトレーニングを配属前に実施することができなくなった企業も多く、苦肉の策として配属を速めたことによって現場への負担が増加することとなりました。この状況は今後も続くと予測されています。

本講演では2020年に配属した社員と現場社員(特に管理職)の絆をいかにしてオンラインで深めることができるのか、さらに今後採用新卒・中途社員のフォローアップ、効果的なオンボーディングプロセスをお考えの方に対して、具体的なソリューションをご紹介します。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

本セミナーでは以下の3部構成で皆さんにお役立ていただける情報を提供したいと思います。
(1)コロナ禍の中であふれかえった、人財育成・組織開発のキーワードをおさえます。2020年はEX、LXP、HR-Tech、ジョブ型など、さまざまなキーワードがあふれかえりました。まずは主要なキーワードをおさえて、企業がパフォーマンスを上げる鍵となるミドルマネジメント(特に課長)への意味合いを整理します。

(2)コロナ禍で2020年に入社した新人・中途のさらなるフォローアップ、2021年に入社する社員のオンボーディングプロセスを、オンラインを通じてどのように効果的・効率的に実施し、課長と人事部がwin-winの関係を構築できるのかを考察します。具体的なソリューションとして、弊社の米国における提携先が開発し、ハーバードビジネススクールでも長年トップランクの人気を誇っているオンラインシミュレーションをご紹介します。このシミュレーションによって管理職だけにマネジメントの負担を押し付けるのではなく、社員一人ひとりの自律性を促し、エンゲージメントの高い職場を創り上げ、早期にパフォーマンス向上につなげていく戦略人事が可能になります。

(3)これまでとは異なる視点で入社してくる社員の特性を把握し、サポート体制を整えるためのアセスメント手法をご紹介します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

日本におけるアクションラーニングのパイオニアであり、次世代経営者・変革リーダーの育成と言った人財育成に留まらず、新規事業創造、組織文化変革、グローバル化、そして昨今はHRBP(Human Resource Business Partner)の配置・育成のハンズオン支援など、クライアント企業のパフォーマンスにさまざまな観点から取り組んできました。これらの経験を通じて培った、ノウハウも入れ込んだオンラインでのオンボーディングプロセスをご紹介していきます。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
長島 高志氏(ながしま たかし)
株式会社インヴィニオ 西日本オフィス マネージャー
人材関連成長企業、米系製薬企業にてLean Six Sigma Master Black Beltとして部門横断変革プロジェクト推進と同時に海外拠点の組織開発(中・韓・豪)を支援。外資系外食産業にてHead of HRBPとして勤務した後、現職。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop