人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 染屋 光宏氏(株式会社日本チームコーチング協会 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

人事部門が行うべき、経営陣ならびに次世代経営リーダーへの効果的な支援とは?

染屋 光宏氏 photo

株式会社日本チームコーチング協会 代表取締役

染屋 光宏氏

企業の成長ステージに応じて、人事部門が取り得る戦略は変わるため、あるべき姿に向かって多様な切り口で精査し、戦略実行されているかと思います。本講演では私達がこれまで数多くの組織人材開発で成果を生み出した、チームコーチングメソッドを活用し、特に経営陣ならびに次世代経営リーダーに対する人事部の打ち手に関するポイントを中心に、実務に活かして頂ける形でお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

主に以下の五つの課題をお持ちの方々に向けた内容になります。
・経営者ならびに経営リーダーへの効果的な支援方法を見つけたい
・経営理念やビジョン、目標を達成するための戦略を効果的に共有したい
・事業の発達段階に応じた支援方法を知りたい
・チーム力や、会議・話合いの生産性を高めたい
・課題達成のコミットメントを高め、リーダーシップを発揮する人々を増やしたい

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

数多くの組織開発や人材育成に携わってきたことで、以下のテーマ(課題)が見えてきました。
(1)経営者・経営リーダーの存在感・力量によって、組織の効果性・生産性(可視化できるもの、可視化しずらいもの)が変わる
(2)組織の創業期や発展・維持期などの発達段階やステージによって、取り得る戦略が変わる
(3)経営者が変わるタイミングが大きな組織の変革期になる。ただし、変革は容易ではない
(4)経営者・経営リーダーは、組織の成長課題だけでなく、個人の心理的課題を抱えていることが多い

これらは、当たり前じゃないかと思われるぐらい当たり前のことですが、多くの組織や経営リーダーが直面している課題でもあります。

今回の講演では、四つの課題の根本要因を考察しながら、望ましい組織・個人へと導くために、経営者・人事部門としての効果的な打ち手は何なのかを考える材料をお伝えしたいと考えています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

多くの方々が想定外の変化に直面している状況下、経営戦略・人事戦略のかじ取りについては、平時よりも不確実性が大きく、難易度が高い状態かと思われます。

私たちがお伝えする内容を自社課題、問題意識に引き寄せて捉えながら、自社・自組織の今後のさらなる発展のためのヒントを得ることのできる機会となればと考えています。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
染屋 光宏氏(そめや みつひろ)
株式会社日本チームコーチング協会 代表取締役
1993年に田辺製薬株式会社入社後、営業マーケティング/人事企画/人材開発/経営企画職に従事。2010年に田辺三菱製薬株式会社を退職後独立し、日本チームコーチング協会を設立。現在は同社代表取締役、和歌山大学経済学部非常勤講師。チームコーチング実績:大手飲料メーカー、住宅建材メーカー、スポーツチーム

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop