人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 小川 嘉一氏(株式会社レイヤーズ・コンサルティング ディレクター)インタビュー

講演者インタビュー一覧

戦略人事を実現するためのインフラ人事~あるべきシェアードサービスとデータ活用とは

小川 嘉一氏 photo

株式会社レイヤーズ・コンサルティング ディレクター

小川 嘉一氏

Beyondコロナ時代を迎え、大手企業はグループ全体としての事業構造改革を踏まえた、事業継続性リスク対応/業務コスト効率化/人財リソースの再分配が重要です。戦略人事実現にはグループ間を横断した社員の能力開発や適正配置等を行えるデータ整備のインフラ作りが必要です。本講演はあるべきグループシェアードサービス及びデータ活用の姿を明確化し、実現のためのポイントをお話しします。(協賛/スーパーストリーム株式会社)

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

Beyondコロナ時代の到来とテクノロジーの発展の影響で、グループ経営においては、事業構造改革を機動的かつ効率的に行うことが求められています。

そのような中、シェアード・サービス・センター(以下、SSC)も転換期を迎えています。コスト削減のためだけではなく、戦略的な人事を実現することが目的となっており、「グループ本社・事業部門・SSC・子会社の最適な機能配置の検討」「グループ横断での社員の能力開発や適正配置、リソースシフト」「経営基盤としてのデータ整備・テクのロジーなどによる仕組み化の検討」が必要となっているのです。

本講演は、オペレーションの効率化・省力化を実現するとともに、事業環境やグループ各社の状況に応じて組織構造の変革や機能配置を行える仕組みの構築、また、データを活用することによる人材の調達・育成方法の要諦をご提示します。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

コンサルティングサービスをご提供する中で、シェアード・サービス・センターの効率化だけでなく、個社のバックオフィス業務の効率化がテーマになることがあります。それを実現するには、各社の競争優位とならない機能を集約化し、徹底的にコストダウンすることが必要です。

また、そのような機能は、業界や地域における共通の経営基盤としてのシェアード・サービス・センター、アウトソーシング、およびテクノロジーの活用が潜在的に求められていると考えています。一方で、グループ経営の観点から、競争優位の源泉となっている機能について、さらなる高度化・拡張も求められています。

弊社はグループとしてのガバナンス体系の検討と、グループ・シェアード・センターにおけるコスト効果の最大化をミッションとしたコンサルティングを多く手掛けており、得意としています。理論はもちろんのこと、実行する上での難しさも含めて、成功するためのノウハウをご説明することが可能です。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

「各社各様のオペレーション・システムとなっていて、グループ・ガバナンスが利いていない」という課題を抱えていらっしゃる皆さまにお聞きいただきたい講演です。自社の課題をあらかじめご用意いただき、イメージしながら講演にご参加ください。

グループ・シェアード・サービスの効率化・省力化と、グループ・ガバナンスの高度化について、豊富な事例を経験しています。あるべき姿を実現するための道筋を具体的に共有できると考えています。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
小川 嘉一氏(おがわ よしかず)
株式会社レイヤーズ・コンサルティング ディレクター
官公庁にて政策企画(産業組織政策等)を経て、現職に到る。全社コスト構造改革などの事業構造改革・MA/組織再編及びHRを中心としたPMI支援。グループシSSC事業再構築などの戦略・事業計画立案から実行にかかる業務設計・共通システム導入も含めた、事業構造改革/組織再編に関するプロジェクト経験多数。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop