人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 足立 紀章氏(株式会社ベネフィット・ワン 執行役員 事業推進担当/マーケティング担当)インタビュー

講演者インタビュー一覧

健康経営の視点で捉える、新しい福利厚生の在り方とは

足立 紀章氏 photo

株式会社ベネフィット・ワン 執行役員 事業推進担当/マーケティング担当

足立 紀章氏

人材の確保・定着、労働生産性の向上等を目的として、健康経営に積極的に取り組む企業が増えてきています。またコロナ禍で従業員の健康に対するサポートが急務になっています。本講演では、健康経営の取り組みを成功させるために重要な、現代における健康経営の動向や企業が社員の健康と向き合う必要性を解説し、ニューノーマル時代の福利厚生の在り方について実例を交えてお話しします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

新しい働き方が定着しつつある今、社員が『安心して働き続ける環境づくり』は非常に重要な企業課題ではないでしょうか。

今回はその中でも重要視されている、『健康経営』から切り拓く、この時代だからこその福利厚生のあり方から人事の変革につながる重要なDX推進についてお話しいたします。

「健康経営を推進したいが何から始めればいいのかわからない」「健康経営といっても何が自社にとって重要な視点かわからない」といった課題をお持ちの方はもちろん、「今の時代だからこその福利厚生のあり方」「従来の働き方から脱却した人事のあり方」についても、必ずや解決のヒントをお持ち帰りいただけます。

本講演が、ニューノーマル時代の『社員が安心して働き続ける環境づくり』について一緒に考える機会となれば幸いです。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

今回のテーマは『健康経営から切り拓く、ニューノーマル時代の福利厚生のあり方』とし、第一部では数多くの企業の健康経営をソリューション提供からサービスサポートを実施しているベネフィット・ワンだからこその最新動向や企業経営から見る健康経営についてをお伝えいたします。

第二部では、この時代だから必要な健康視点からみる福利厚生のあり方とし、最新の福利厚生サービスについて、さらに健康経営に重要なDX推進という切り口からも解決のヒントとなるソリューションをご紹介いたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ニューノーマル時代、働き方の変化が推進される中、数多くの企業や経営にも大きな変化への対応が求められています。

その中でも守るべき社員の健康や働きやすい環境づくりなど、さまざまな企業課題をベネフィット・ワンとしては福利厚生を中心に人事領域のBPO推進やDXの推進により企業の課題解決実現に向けて二人三脚でサポートいたします。

必ずや企業課題の解決のヒントになる内容となっていますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
足立 紀章氏(あだち のりあき)
株式会社ベネフィット・ワン 執行役員 事業推進担当/マーケティング担当
株式会社パソナへ入社。 その後、楽天株式会社にて複数の新規事業立上げに携わる。 2011年に株式会社ベネフィット・ワンへ参画し、サービス開発部長や子会社の代表取締役を歴任。 現在は事業推進/デジタルマーケティング担当役員としてアライアンス戦略やマーケティングを担当し事業のスケールアップを推進中。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop