人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 渋谷 英雄氏(ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ所長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

ウィズ/アフターコロナ時代を生きる ~人と組織のメンタルヘルスマネジメント~

渋谷 英雄氏 photo

ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ所長

渋谷 英雄氏

在宅勤務をはじめ、新しい働き方への対応が人事に求められています。環境面の整備は進みつつある一方で、働いてる社員へのケアに悩んでいるという相談が増えています。20年に渡りEAP(従業員支援プログラム)や組織コンサルティングを企業向けに提供してきた実績から、①従業員のストレスケア、②管理職の役割、③組織の生産性向上とリスクマネジメントの3つの観点を事例を交えて解説します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

新型コロナウイルス感染症拡大により、在宅ワークをはじめとする新しい働きかたへの対応が企業人事に求められています。ウィズコロナ、アフターコロナという言葉が定着しつつある今日、この予期せぬ変化への対応に苦慮されているご担当者も多いのではないでしょうか。

本講演では、特に下記のような課題をお感じの経営者、人事・総務・メンタルヘルス対策担当者の皆さまへ、有用な情報をご提供できればと考えています。

「在宅勤務によって、社員間の意思疎通や業務管理のあり方に課題を感じる」
「入社後すぐにリモートワークとなった、新卒・中途採用社員への対応に苦慮している」
「在宅下でONとOFFが切り替えられず、業務効率が上がらない社員がいる」
「コロナ禍において、心身のバランスを崩す社員への良い支援策はないか」
「リモートワーク/テレワークへの適応状況に年齢差や部門間格差があり、それぞれへの対処に困っている」

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

私どもは20年以上にわたり、企業で働く社員、人事・管理職の皆さまにEAP(従業員支援プログラム)のカウンセリングサービスや各種組織コンサルティングを提供しており、コロナ禍においても個と組織の課題解決を日々ご支援しております。

今回の講演では、日々のご支援の中で得られた知見をもとに、ウィズコロナ、アフターコロナ時代に求められるメンタルヘルスマネジメントのポイントを、(1)従業員のストレスケア、(2)管理職の役割、(3)組織の生産性向上とリスクマネジメントの三つの観点から解説します。

時を経た後、「困難は多かったが、コロナ対策に取り組んだからこその有意義な組織改革も実現した」と言えるような、よりよい組織づくりのヒントを、日頃より組織コンサルティングに携わる当社公認心理師が、具体的な事例を交えながらご紹介します。また、質疑応答の時間もございますので、この機会に聞いてみたいメンタルヘルスケアやマネジメントにおけるお悩みについてぜひ質問してみてください。講演内で回答できなかった質問に関しては、後日回答集をご用意いたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ご視聴いただく皆さまには、組織が新しい働き方に対応するための施策検討の一環として、当講演をご活用いただければと思います。ウィズコロナ、アフターコロナ時代に求められる職場づくりの参考にしていただけると幸いです。疑問などございましたら、講演内でぜひお気軽にご質問ください。事前質問もお待ちしております。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
渋谷 英雄氏(しぶたに ひでお)
ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ所長
法政大学、東洋大学大学院、東京大学大学院を経て臨床心理士。航空会社勤務後、大学院に進む。5社以上の大手企業相談室勤務を活かし、現在ピースマインド株式会社にてメンタルヘルス講師。国際EAP協会資格委員長、日本オンラインカウンセリング協会理事、東洋大学総合情報学部客員教授(スポーツ心理学)等を務める。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop