人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 大竹 圭氏(株式会社コンサルティングアソシエイツ 異業種交流研修プロジェクトリーダー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

リーダー育成の必修科目は「越境学習」! ~企業が導入するポイントと最新事例の紹介~

大竹 圭氏 photo

株式会社コンサルティングアソシエイツ 異業種交流研修プロジェクトリーダー

大竹 圭氏

リーダー育成の手法として今、注目されているのが「越境学習」。会社の枠組みを超え、外に出ることで学びを得る体験です。これまでその重要性は広く認識されながらも、具体的な方法論について体系化されることはあまりありませんでした。本講演では複(副)業やレンタル移籍、地域協働、異業種交流研修等、様々な越境学習を企業としてどの様に組み合わせ、導入すればよいか考えていきます。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

次世代リーダー、若手・中堅社員の育成に課題を感じていらっしゃる方を想定しています。特に下記のようなお悩みをお持ちの方にはオススメです。 
 
(1)自社の次世代リーダーに元気、主体性、変革心がない
(2)自社の次世代リーダーの視座が低い、視野が狭い、視点が内向き
(3)自社の次世代リーダーの発想がこぢんまりとしていて面白くない
(4)新しいビジネス提案が生まれない
(5)ボトムアップで改善提案が生まれない
(6)研修を開催しても、やらされ感がつよい、または行動変容につながらない

これらは、これまで主流だった「内向き」「底上げ」の教育では打破できません。逆に、「越境学習」といわれる手法を上手に活用することができれば、目覚ましい成長や行動変容につながります。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

越境学習については、これまでもその重要性が多く論じられてきました。また、越境学習を支援する新しいサービスなども世の中にたくさん生まれています。一方で、これまであまり体系的に整理されてこなかった領域でもあります。そのため、企業として導入する際は、偶発性に頼らざるを得ない現状もあるかと思います。

本講演では、さまざまな新しい事例やトレンドも紹介しつつ、企業として越境学習を導入するためのポイントなどを、考えていきたいと思います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

講演中の質問も大歓迎です。「今自社ではこんなことで困っているんだけど」といった課題がありましたら、ぜひご質問ください。

また当社では異業種交流研修において、研修の運営サービスに留まらず、無料の企画相談、さらにはお相手企業マッチングの無料支援も行っています。講演後もお気軽にご相談にお越しください。可能な限りアドバイスをいたします。

当日お会いできることを楽しみにしております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
大竹 圭氏(おおたけ けい)
株式会社コンサルティングアソシエイツ 異業種交流研修プロジェクトリーダー
㈱ファーストリテイリング入社後、飲食業のコンサルタントを経て2008年㈱コンサルティングアソシエイツに参画。企業マッチング型異業種交流研修事業「Breaktrhoughシリーズ」としてイノベーション、現場力、リーダーシップ等、多くのコースを立ちあげる。現在はオンラインでの異業種交流研修も企画運営中。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop