人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 大島 由起子氏(インフォテクノスコンサルティング株式会社 セールス・マーケティング事業部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

失敗例・成功例から学ぶ 人材データ・システム活用に成功するポイント 

大島 由起子氏 photo

インフォテクノスコンサルティング株式会社 セールス・マーケティング事業部長

大島 由起子氏

日本でタレントマネジメントシステムが導入され始めてから約10年が経ちましたが、「活用できていない」という声が聞かれます。そうした「失敗」には、明確な原因・理由があります。その失敗の本質を紐解き、自社に必要なシステム選びとデータ活用に成功するために、必要となる考え方やポイントを整理します。そして、人材データ・システム活用で成果を上げている企業の成功事例をご紹介します。(協賛/インフォテクノスコンサルティング株式会社/株式会社T4C)

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

人事が経営やビジネスに貢献していくために、データやシステムを活用していきたいと考えている方に向けて、具体的で現実的なお話をしていきます。

日本でタレントマネジメントシステムが導入され始めてから約10年が経ちましたが、「導入したけれど使いきれていない」「思ったような成果を上げられていない」という声を聞くことが少なくありません。そうした失敗は決して偶然ではなく、そこにははっきりとした原因があります。その本質的な原因を理解しておけば、システム選びにつまずくことはないでしょう。

「既にシステム導入しているけれど、成果を出せていない」「システム選びをしているがどこに焦点を当てればいいのか悩んでいる」という方々にとって、「自社にとって正しい方向」に進むためのヒントを持って帰っていただける内容になっています。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

私たちは2003年から、日本企業の人材マネジメントにどのようなシステムが必要なのか、どうデータ活用をすれば経営やビジネスに貢献できるかを考え、多くの企業と共に、そのことに取り組んできました。その経験とそこから得た知見をもとに、「地に足の着いた話」をすることを強く意識しています。

また、具体的な成功事例についてもお話しますが、単に具体的な内容紹介には留めません。そこから何を学べるのか、学ぶべきなのかという視点からも整理することで、多くの企業にとって参考になるよう工夫もしています。

今年前半に開催した同内容のセミナー後のアンケートでは、「実体験に基づいた内容だったので大変わかりやすく、参考になった」「自社でなぜシステム活用がうまくいっていないのか、理解できました」「他社の成功事例を知れたことはもちろんですが、システムを検討する際に非常に参考になるお話でした」「大変参考になりました。というか、こういうお話を聴きたかったです」「システムによる課題解決における失敗事例や、気を付けるべき視点を改めて把握することができ、非常に有意義でした」「システムを検討する際に非常に参考になるお話でした」といった感想をいただいています。

どこかで聞いたことがある、誰かが言っていた、といった内容がほとんどない、ユニークな内容になっています。人事とシステム、データ活用に興味のある方は、ぜひご参加ください。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

「人事とシステム」について真剣に考え続け、その成功のために活動に取り組んで17年が経ちました。その間に「人事とシステム」の世界では、何度も「流行」が起こりました。その中で定着したものもありますが、今ではすっかりすたれてしまったもの、忘れ去られたものも数多くあります。

そうした経験から、「常に本質的なことに立ち返って考えること」の大切さを、身をもって感じてきました。華やかな、夢のような話はできませんが、確実な一歩を踏み出すためのヒントはお渡しできると考えています。お会いできることを楽しみにしております。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
大島 由起子氏(おおしま ゆきこ)
インフォテクノスコンサルティング株式会社 セールス・マーケティング事業部長
株式会社リクルート、Hewlett-Packard Australia LtdのAsia Pacific Contract Centreを経て、2004年より現職。企業の人材マネジメントにおけるIT活用推進の支援を行う。著書:『破壊と創造の人事』(楠田祐・共著)ディスカヴァー・トゥエンティワン

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop