人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 伊藤 直子氏(株式会社日立ソリューションズ スマートライフソリューション事業部 働き方改革エバンジェリスト)インタビュー

講演者インタビュー一覧

ニューノーマルにおける働き方へ ~コロナ禍での対応と未来への取り組み~

伊藤 直子氏 photo

株式会社日立ソリューションズ スマートライフソリューション事業部 働き方改革エバンジェリスト

伊藤 直子氏

働き方改革に加え、コロナ対策のための在宅勤務が進み、企業の働き方が急激に変化してきています。他の企業はどのように対応をしているのか、気になっている人事の方も多いのではないでしょうか。本講演では2016年からの働き方改革の取り組み、コロナ禍での急激な変化への対応、今後の働き方を見据えたジョブ型雇用への移行やオフィスの見直し等、日立ソリューションズでの実践をご紹介します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

以前から働き方改革に取り組んで来たが課題を抱えつづけている、また、コロナ禍で在宅勤務をせざるを得なくなり不安を感じている、という企業の皆さまへ。

日立グループの中でも先行して働き方改革を実践してきた日立ソリューションズの事例を基に、自社の取り組みを振り返り、今後の対応のヒントを見つけていただければと思います。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

・少子高齢化・労働人口減少という課題認識から始まった働き方改革の取り組み
・新型コロナウィルス感染症対策として急に変化した働き方への対応
・今後の働き方を見据えたジョブ型雇用やオフィスの見直しなどの取り組み

上記の流れで、当社・日立ソリューションズの実践例をご紹介します。成功・失敗の経験から現在進行形の取り組みまで、可能な限り開示します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

コロナ禍の終息のめどが立たない中で、在宅勤務・テレワークが進み、メリット・デメリットが見えてきた状態だと思います。課題はあっても、今後、テレワークをはじめとして、従業員が働き方を選択できる環境は広がっていく方向にあり、企業はそれを前提に経営戦略を立てていく必要があります。

本講演および当社の事例が皆さまの企業の未来の働き方を考えていくために、少しでもお役に立てれば光栄です。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
伊藤 直子氏(いとう なおこ)
株式会社日立ソリューションズ スマートライフソリューション事業部 働き方改革エバンジェリスト
1990年津田塾大学卒業。株式会社日立中部ソフトウェア(現 株式会社日立ソリューションズ)に入社。ソフトウェア製品開発、ネットワーク・セキュリティSEを経て、2004年管理職へ。2015年から働き方改革のプロジェクトに入り、自社の改革推進とともに、企業の働き方改革をITで支援する事業に携わっている。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop