人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 奥津 直樹氏((株)アスマーク 経営企画部 Humap事業G マネージャー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

テレワーク時の社員間コミュニケーションのコツ~再整理と管理法~

奥津 直樹氏 photo

(株)アスマーク 経営企画部 Humap事業G マネージャー

奥津 直樹氏

オンラインコミュニケーションの必要性が、新型コロナウイルス対応をきっかけにマストな要素となってきました。オンラインコミュニケーションの難しさは多くの企業様が認識していますが、例えば新入社員は在籍社員と比べてより課題を感じています。今回はゆとり世代のマネージャー自らが、世代を中心に発生しがちな課題を整理し、そちらに対して優先的に取り組むべきことをお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

テレワークを導入したものの、管理方法やコミュニケーションに課題を持っている方は多くいると思います。また、生産性が下がらないか?などの企業課題は尽きないと思います。

そこで本講演では、

『テレワークにおけるコミュニケーションに課題を感じている方』
『テレワークの管理が何もできていない方/課題を感じている方』
『社内コミュニケーションを活性化させたい方』
『組織に一体感をもたらせたい方』
『テレワークでも生産性向上をさせたい方』

という課題を持っている方に対して、課題を解決させるコツやさまざまな事例を基にお話しさせていただきます。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

新型コロナウイルスによる未知なる危機を迎えた現在、世の中では「ウィズコロナ」という概念の下、新しい働き方が求められています。

また、社員のリモートワーク奨励により、通勤時間の短縮などによる業務効率化なども見込める一方、社員の今が可視化しにくく、コミュニケーションが取りにくいという声も聞かれます。

そんな状況の中、新型コロナウイルスに負けない企業経営をしていくためにも、業務遂行上で必要なオンライン上における“管理方法”、“コミュニケーション”のコツについて、ゆとり世代だからこそ感じる視点も取り入れながら、お話しさせていただきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

企業を形成する「ヒト・モノ・カネ・情報」の中で、一番の重要となる「人材」を管理している人事ご担当者の皆さまに向けて、少しでもお役に立つことができる情報をお届けできるよう頑張ります。

皆様のご参加をお待ちしております。当日はどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
奥津 直樹氏(おくつ なおき)
(株)アスマーク 経営企画部 Humap事業G マネージャー
新卒にて大手旅行代理店で法人営業を経験後、2015年中途入社。マーケティングリサーチの法人営業社員を担当し、入社3年目からはマネージャーを経験。2020年6月からはRPAやHRTech領域の新規事業チームを新設し、マネージャーとしてクライアント様の働き方改革推進に向けて日々活動中。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop