人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 仁藤 和良氏(株式会社ビヨンド 代表取締役社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

「これからの」マネジメント、これからのマネジャー育成のデザイン3つのポイント

仁藤 和良氏 photo

株式会社ビヨンド 代表取締役社長

仁藤 和良氏

時代が大きく変容しているのは、皆さんお気づきの通りと思います。その中で人材開発担当者は、企画にあたり、今後何を押さえておく必要があるのでしょうか。本講演では時代の変化を概観したあとで、経営に影響の大きい「マネジャー育成」に焦点をあてて「今マネジャーに必要なことは何か」、「どのような施策が必要か」を考えていきます。あわせて、ビヨンドの研修プログラムの概要もお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

ひとことで言うと、「新時代にあわせた自社のマネジメント育成施策を検討したい」と考えている方にぜひご参加いただきたいと思っています。また、「今までのマネジャー向けの研修を見直したい」という方にも参考になるかと考えています。

ニューノーマルといわれる時代にあって、働き方も大きく変わりました。この時代の変化の中、「組織の要ともいえるマネジャーは何を求められるようになってきているのか」。これを整理し、社内のマネジメント施策を総点検した上で、必要があれば見直したいというニーズは大きいように思えます。

本講演が、こうした課題を持つ皆さまの頭の整理の一助になれば幸いです。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

以前から、マネジメントというテーマにおいて、以下のようなご相談を受けることが多々ありました。

・働き方改革と業績向上をどう両立させたらよいのか
・今の新人をマネジメントするのが難しくなっている
・マネジャーといっても実質はプレイヤー。マネジメントの時間が取れない

さらに2020年はリモートワークの本格化に伴い、「仕事の指示がしにくくなった」「メンバーをしっかり見て評価をするのが難しい」「チームの関係性が悪くなってきた」などの声を人事のみなさんも各所で聞くようになったのではないでしょうか。

私たちは、これを現象面への対処ではなく、そもそも時代がどのような背景でどのように変化しているのかという部分からひもとき、その上で、求められるマネジメントを考察していきたいと思っています。

その際に前提としておさえるべき大事な視点は、組織中心の時代から個が中心の時代になってきているということです。その中で、「そもそもマメジメントの全体像をどうとらえるのか」、「変える必要がないものは何か」、「変える必要があるものは何か」など、順を追って整理していきます。

講演の中では、当社のマネジメント研修の概要もお伝えしたいと思います。それにより、皆さんがより具体的に何をすればよいかを考える一助になると考えているからです。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ビヨンドは一般企業だけではなく、同業の人材系コンサルティング会社や研修提供会社からもコンサルティングの引き合いを多数いただいています。私たちは設立してまだ8年目の人材系ベンチャーですが、超大手企業との取引も年々倍増し、多くのご評価をいただいていると自負しています。そんな私たちの知見を最大限オープンに共有したいと思っております。

当日はWeb上ではありますが、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
仁藤 和良氏(にとう かずよし)
株式会社ビヨンド 代表取締役社長
早稲田大学法学部卒。人材・企業変革コンサルタント。アクセンチュアとリクルートを経て、ビヨンドを設立。「幸せの共創」という志に向かい、セルフコンフィデンス・テクノロジーを活用した「一皮むける研修」を提供。お客様との接点においては、「研修それ自体は目的ではない」という視座を大切にしている。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop