人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 中島 大樹氏(株式会社マルジュ ライブ動画事業部 部長 SOKUMENエバンジェリスト)インタビュー

講演者インタビュー一覧

本当にWEB面接はリアル面接の代替策なのか? WEB面接を最大限に活かす最適解とは

中島 大樹氏 photo

株式会社マルジュ ライブ動画事業部 部長 SOKUMENエバンジェリスト

中島 大樹氏

コロナ禍の中、仕方なしにWEB面接を進められた企業は多いのではないでしょうか。本当にWEBはリアルの劣化版なのでしょうか。本講演では、WEB面接のメリット・デメリットを明示し、ウィズコロナ下での、WEBとリアル双方の特徴を活かすためのバランスの取り方をお伝えします。変わってしまった世の中で、採用の質と効率を高めるための具体論に迫ります。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

「Web面接と耳にするけど、実際どうなのか」
「遠隔の面接ではその人の雰囲気がわかりにくそう」
「Web面接導入を検討しているが、なかなか踏み切れない」
という疑問や悩みをお持ちの経営者、管理職、人事担当者にぜひとも聞いていただきたい内容です。
Web・リアルを問わない面接における大事なポイントや、Web面接のメリット・デメリット。そして、ウィズコロナ下における面接のあり方についてお伝えいたします。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

数年前から徐々に広がりを見せていた「Web面接」。
「交通費削減」「会場費削減」「移動時間の節約」など多くのメリットがある反面、「直接顔を見て面接をしたい」「やり方が難しそう」「従来のやり方で十分うまくいっている」といった声もあります。

新型コロナウイルスの影響により、やむを得ずWeb面接を導入した企業も大変多くありますが、上記のようなWeb面接に対するネガティブな意見に対しどう向き合っているのでしょうか。

本講演では、今後ウィズコロナ下で採用活動を行っていく企業が、Web面接・対面面接を行う上での効率的なあり方・手法についてお伝えします。

また、当社のWeb面接システム「SOKUMEN」をご利用いただいている350社のアンケート結果やヒアリング内容も含めながら、採用現場におけるWeb面接の活法方法についてもお話しします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

コロナ影響によって、私たちの生活様式の変化もさることながら、叫ばれ続けていた「働き改革」も一気に浸透してきました。社会情勢によってここまで一気に変革が起こることを誰が予想できたでしょうか。

そんな中、最初は戸惑いもありながら新しい働き方に適応しつつあり、近い未来はこの働き方がスタンダードになっていくことでしょう。

今回の講演では、採用活動がこれまで通りの方法で良いのか、新しい方法が良いのか、改めて面接のあり方について見つめ直す一つのきっかけになればと考えています。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
中島 大樹氏(なかじま だいき)
株式会社マルジュ ライブ動画事業部 部長 SOKUMENエバンジェリスト
2014年 マルジュ入社。入社当初、AdobeFlashを使ったライブ動画サービスの営業を担当。その後、Flashを使わないライブ配信サービスの新規立ち上げに参加。2019年にWeb面接システム「SOKUMEN」を企画・立ち上げ。現在はHRに特化したプロジェクトの企画・運営に従事している。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop