人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 鈴村 賢治氏(株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

ニューノーマル時代の人材活用と組織改革~先進企業の実例から見るデータ活用と実践~

鈴村 賢治氏 photo

株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

鈴村 賢治氏

大きく変動した社会活動を背景に、ITと人材データを活用した科学的な人材活用戦略の需要が急速に高まっています。先進企業では、優秀人材の特徴を分析し、例えば採用すべき人材の発見や戦略的な人材育成・配置に活かしています。本講演では実際に取り組んでいる企業の事例を紹介しながら、「採用・配置・人材育成・評価・離職」を見える化することで実現するタレントマネジメントを解説します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

本講演は、「HRテクノロジーをこれから導入・活用したい」「データに基づく人事戦略を始めたい」という方を対象としています。

TalentPalette(タレントパレット)を提供する弊社には、属人化され、ローカルファイルや紙で管理している人事から脱却したいというご相談が多く寄せられています。

特にご相談いただく「タレントマネジメントを始めるにはどうしたらいいのか?」「本当に効果が出るのか?」といった疑問について、実際の事例をもとにお話しいたします。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

今回は現場の視点として、実際に人事の方と併走しているコンサルタントも登壇します。

タレントマネジメントシステムの導入は、経営層と人事部門のコミュニケーションが必須で、つまずきも少なくはありません。成功例だけではなく失敗例についても、皆さんの参考になる情報はどんどんお話しいたします

また、「HRテクノロジーでどこまでできるのか?」という疑問も多くいただきますので、実際の機能をご覧いただこうと考えています。

実例にこだわって講演しますので、その点に注目していただければと思います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

人事部門が管理業務にかかりきりになっている現状は、日本の大きな問題と考えています。

「人事管理」から脱し、「人材活用」「科学的人事戦略」にシフトするにはどうすればよいのか。弊社の講演が、前向きに考えるきっかけとなれば幸いです。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
鈴村 賢治氏(すずむら けんじ)
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長
中央大学卒業後、野村総合研究所に入社。テキストマイニング・データマイニングを専門に従事。2007年プラスアルファ・コンサルティングに入社。マーケティング視点を取り込んだ科学的な人材活用を支援。著書に『科学的人事の衝撃』(東洋経済)。タレントマネジメントの啓蒙、普及のため、日々全国を駆け巡っている。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop