人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 熊谷 豪氏(シングラー株式会社 代表取締役 CEO 兼 Founder)インタビュー

講演者インタビュー一覧

リモート面接でも辞退率を改善! 年収・条件で競り負けない採用手法とは

熊谷 豪氏 photo

シングラー株式会社 代表取締役 CEO 兼 Founder

熊谷 豪氏

「この提示年収では優秀な人材は採れません」「条件を他社と比較され内定辞退されてしまった」貴社の採用チームでこのような言葉が飛び交っていませんか? 企業は人件費や条件に限りがある中で優秀な人材を採用しなければなりません。年収や条件で競り負けることを少しでも避けたいという人事の方に、実践事例を交え、リモート面接と対面どちらでも活用可能な採用手法をお伝えします。(協賛/パーソルキャリア株式会社)

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

採用でいい人材を獲得したいとき、年収や条件で他社と勝負ができない企業では、面接の中でいかに候補者を口説けるかが、結果を左右します。しかし、新型コロナウイルスの影響で企業の採用面接はWeb面接が主流となり、今まで以上に口説きの難易度が上がりました。

人件費や条件に限りがあるのに加え、Web面接という慣れないツールで優秀な人材を採用しなければならないのが現状です。

そこで、本講演では、

・採用において年収や条件で他社に負けたことがある
・内定辞退率が高い
・Web面接がうまくいかない、やり方がわからない

などの課題を持つ人事の方に、Web面接でも活用できる、他社に競り負けない採用手法をお伝えします。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

新型コロナウイルスの影響により、採用市場では有効求人倍率が急激に下がり、買い手市場になりました。そんな中でも優秀層の倍率は下がっていません。企業は、たとえ条件が他社より悪くても優秀層に自社を選んでもらう必要がありますが、難しいのが現実です。また、多くの企業ではWeb面接への移行を余儀なくされ、今まで以上に面接の難易度が上がっています。

そこで今回は、Web面接でも応用できる、他社より条件が低くても競り負けない採用手法についてお話させていただきます。

・年収、条件で負けるメカニズムとは?
・内定承諾をするまでに候補者の脳でどのような処理が行われているのか?
・候補者の入社志望度を向上させる方法
・条件負けしないために面接官が面接ですべきこと

などについて、ロジカルに噛み砕き、実際の実践事例を交えて他社に競り勝つ面接の実現方法をお伝えします。内定辞退や採用の条件面に課題を感じている人事や経営者の方は、ぜひご参加ください。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

新型コロナウイルスの影響で、採用市場には大きな転換が起きました。今こそ、人事は自社の採用を見つめ直し、アップデートする必要があるのではないでしょうか。
本講演では、勝ち負けやお金といったセンシティブな内容をお話しします。より現実的な視点から、採用面接というものを考えていきましょう。
画面越しではありますが、当日お会いできるのを楽しみにしております!

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
熊谷 豪氏(くまがい ごう)
シングラー株式会社 代表取締役 CEO 兼 Founder
広告代理店ベンチャーを経て採用コンサルティング会社を創業。外資コンサルティングファーム、消費財メーカー、 IT企業の採用支援をおこなう。2016年、シングラー株式会社を創業し、競り負けない採用を実現する人材分析ツール『HRアナリスト』をリリース。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop