人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 高橋 浩氏(ユースキャリア研究所代表、キャリア形成サポートセンター事業セルフ・キャリアドック導入支援アドバイザー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

ニューノーマル時代の「企業内キャリアコンサルティング」~働きがいと生産性の向上へ

高橋 浩氏 photo

ユースキャリア研究所代表、キャリア形成サポートセンター事業セルフ・キャリアドック導入支援アドバイザー

高橋 浩氏

価値観の多様化、在宅勤務等、今、個人を中心とした雇用制度、人材育成へと移行し始めています。ニューノーマルの時代だからこそ、個人のキャリア自律を促す「企業内キャリアコンサルティング」は働きがいと生産性向上に有効な手段といえます。本講演では、旧来の転職・再就職支援とは一線を画す、ジョブ・カードを活用した企業内キャリアコンサルティングの可能性と効果的導入について紹介します。(協賛/株式会社パソナ(厚生労働省委託事業:キャリア形成サポートセンター))

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

・若手人材の流出や中堅層のモチベーション低下を抱えている企業の方へ
その原因は、働き方・働かせ方のミスマッチという個人と組織の関係性にあるかもしれません。このような問題解決のヒントが得られます。

・人材育成の仕組みを見直したいと考えている企業の方へ
従業員一人ひとりを大事にしようとして、MBO面談や1on1を導入したものの、あまり効果が得られていない、形骸化しているということはありませんか。人材を重視し、キャリア自律やキャリア面談の充実を図りたいと考えている企業にとって、効果的な仕組み=企業内キャリアコンサルティングをご紹介します

本講演では、セルフ・キャリアドック、企業内キャリアコンサルティングの導入を検討されている企業の経営者、人事担当者にとってお役にたてればと思います。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

在宅ワークが一気に進んだ現在、従業員は職場から離れ、家庭内に仕事とプライベートが共存する機会が増えてきました。個人は今まで以上にキャリアを考え始め、組織は仕事を個人に委譲しつつ、マネジメントする必要が生じています。

今まさに組織主導から個人主導のキャリア形成へとパラダイムシフトが生じているといえます。このような環境変化の中で効果的な人材育成の方法としての「企業内キャリアコンサルティング」をご紹介します。

まず、ご理解いただきたいことは、キャリアコンサルティングは離職を助長する、組織にはデメリットだと誤解されている方が多いのですが、実際はそうではないということです。このような誤解により、せっかくの有効な手段を活用する機会損失になっています。

次に、企業内キャリアコンサルティングは、単なる悩み相談の場ではなく、個人と組織の成長・発展を図る「仕組み」であるということです。この仕組みの中に、ジョブ・カードの活用も含まれます。この仕組みについてご注目いただきたいと思います。

最後に、キャリアコンサルタントは、個人主導のキャリア形成時代にマッチした人材育成方法であるということです。上司-部下間の面談の在り方についてコツ、ジョブ・カードの活用など、企業内ならではのキャリアコンサルティングについて解説いたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

指示・命令でコントロールするマネジメントでは、従業員は効果的に動いてくれない時代になっています。個人中心の人材開発、キャリア開発がまずます重要になる時代に応じた方法が求められているわけです。

このような中で、個人と組織の両者にとってベストな関係を構築する手法の一つである企業内キャリアコンサルティングやセルフ・キャリアドックの有効性を皆さんにお伝えしたいと考えています。

現在、自社で抱えている人材課題と現在とっている対応策を念頭にご受講いただきますと、企業内キャリアコンサルティングの有効性をご理解いただけると思います。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
高橋 浩氏(たかはし ひろし)
ユースキャリア研究所代表、キャリア形成サポートセンター事業セルフ・キャリアドック導入支援アドバイザー
博士(心理学)、キャリアコンサルタント、公認心理師。2016年~現在、厚生労働省セルフ・キャリアドックの関連事業にてアドバイザー等を務める。1987年、NECグループの半導体設計会社に入社、経営企画、キャリア相談に従事。2012年、独立し、行政や企業でのキャリア相談・研修、調査研究に従事している。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop