人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 江藤 友佳氏(コーリジャパン・アドバイザー/Y.E.Dインターナショナル合同会社代表)インタビュー

講演者インタビュー一覧

4つのポイントから考える失敗しない英語力育成戦略とは?

江藤 友佳氏 photo

コーリジャパン・アドバイザー/Y.E.Dインターナショナル合同会社代表

江藤 友佳氏

「長年TOEICを活用してきたが、次のフェーズを考えるべきかもしれない」「研修を行っているのに効果が出ていない」等、そんな悩みがある人事部の方も多いことでしょう。本講演では、「研修制度の構築方法」「テストの選定ポイント」「モチベーションの上げ方」「学習習慣の定着」の4つのポイントをお伝えすることで、失敗しない英語力育成戦略をお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

私にはさまざまな企業の人事ご担当者様とお話しさせていただく機会がありますが、多くの企業で「社員に業務で使える英語力を身につけてほしい」といった目標のもと、研修が行われている実情を目にしてきました。

しかし、「せっかく研修を提供したのにLinguaskillテストでスコアが伸びなかった」「Versantテストのスコアは伸びたのに、実務での英語変化を感じられない」など、思うような結果が出ていないこともあります。

なぜそのようなことが起きるのか、またどうすればそのような課題を解決できるのかを知りたい方にぜひ、ご視聴いただきたいです。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

社員育成においてスキルの可視化は必要不可欠です。適切な評価指標を決め、そのものさしに基づいたゴールを細分化して決めることをお勧めします。

ある一定の到達地点に行くことができたら、テストを変えて、また新たな道を進み、よりスキルアップしていくこともできます。このような研修戦略を考えるためには、どのようなものさしがあるのか、テストを知ることも大切です。

今回は研修の提供方法やモチベーション維持の施策に関する話のみならず、TOEIC LR(IIBC)、 TOEIC SW(IIBC)、 Linguaskill(英検協会)、 Versant(日経)など、4技能を測ることができるテストとその特性についてもお話します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

私自身も人事部のメンバーとして研修の運営やテストの運営を行っていましたので、人事のご担当者の忙しさを認識しております。少しでも社員の研修やテストを効率的に運営したいことと思います。

お話しする内容が、限られた予算で最大限の効果を出し、また、ご自身の業務負担を軽減できる研修制度立案のヒントになれば嬉しく思います。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
江藤 友佳氏(えとう ゆか)
コーリジャパン・アドバイザー/Y.E.Dインターナショナル合同会社代表
コロンビア大学大学院ティーチャーズカレッジ修士号取得。外資系コンサルティングファーム勤務を経てから株式会社アルクと楽天株式会社にてビジネスパーソンの英語教育に従事。さまざまな英語スピーキング試験の試験管資格を有する「英語力評価」の専門家。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop