人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 吉田 実氏(株式会社シェイク 代表取締役社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

コロナで変わる新人育成~オンラインとリアルを組み合わせた新しい新人育成を考える~

吉田 実氏 photo

株式会社シェイク 代表取締役社長

吉田 実氏

コロナの影響で、新人研修のオンライン化が進みましたが、立ち振る舞いや実践力の習得、関係構築が難しいといった課題が出てきています。一方で、早期育成のための個別支援やアウトプット重視の育成など、より効果的で低コストでの新たなアプローチの可能性も出てきました。本講演では、オンラインのメリットやデメリットを踏まえ、これからの新しい新人育成について考えます。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークが中心となり、人材育成が大きく変わりました。

新人育成では、従来の研修をオンラインに置き換えて実施しているケースが多く見られますが、立ち振る舞いや実践力の習得、同期同士の関係構築が難しくなり、組織への帰属意識が低下するなど、新たな課題が出てきています。

一方で、早期育成のための個別支援やアウトプット重視の育成、新人研修と職場での育成の切り分け、年間を通した設計など、これまでのアプローチから変更していくことが求められています。

これからの新人育成は、オンラインを中心に考えることが必須ですが、これまでの研修の置き換えという考えだけではなく、オンラインとリアルのメリットをどのように組み合わせて、設計していくことが、より効果的な新人育成につながっていきます。本講演では、新たな新人育成の設計を検討している方に向けた内容をご提供していきます。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

従来の新人育成では、会社が用意した研修プログラムを受講者に提供することで、結果的に、会社から用意されたカリキュラムを教えてもらうという受身的な学び方を促進してしまう側面がありました。

変化が激しい時代においては、社員一人一人が環境変化を認知した上で、自らのキャリアを自らの責任で考え、自律的に成長していく、「自律型人材」になることが求められています。

新人育成において、階層別研修の発想で一律に教えていく発想を変えていかなければなりません。人によって成長速度も、目指す姿も、抱えている課題も違います。また、会社としても、早期リーダー育成をしていくことは欠かせません。意欲が高い人は、従来3年間で育成していたことを2年間で学ぶことも可能ですし、若いタイミングでリーダー経験を積むことも必要になっています。

また、早期育成の発想だけではなく、全体的な底上げも必要です。特にテレワークを中心とした働き方においては、上司や先輩が厳しくフィードバックをすることが難しい上に、同期や同僚など周囲の様子を見ながら、自ら基準を上げていくことが難しくなっています。「わかる」だけではなく、どうすれば、期待を超えるレベルで「できる」ようにするかという工夫が必要です。

このような状況を踏まえ、オンライン・リアルを組み合わせながら、これからの新人育成における有効なアプローチを考えていきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

新人育成における新しいアプローチにおける「答え」はないと考えています。コロナが引き起こした現状を踏まえ、自社の新人にとっての最適解を探り続けることが大切です。正解かどうかわからない状況の中で、新たなチャレンジに向けて一歩を踏み出すことが重要です。

2年後、3年後から振り返ると、ここでトライ&エラーをしながら、一歩を踏み出したかどうかが、大きな差となっていることでしょう。

コロナ禍の影響で、コスト削減も求められています。コスト削減と、効果の最大化、この二つを実現する最適解を考え、新たな形を模索し続けることが私たちに求められていることと感じています。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
吉田 実氏(よしだ みのる)
株式会社シェイク 代表取締役社長
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。通信・放送局向けコンサルティング、設備機器の輸入販売を担当。2003年株式会社シェイクに入社。2009年9月より代表取締役社長に就任。20~30代におけるリーダーシップ開発の専門家として活動している。著書に『「新・ぶら下がり社員」症候群(東洋経済新報社)』

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop