人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 飯田 智紀氏(株式会社ベネッセコーポレーション 大学・社会人事業開発部 部長 (Udemy事業責任者))インタビュー

講演者インタビュー一覧

ウィズコロナ時代の人財育成DX -ソフトバンク社に学ぶ人財育成・活用戦略-

飯田 智紀氏 photo

株式会社ベネッセコーポレーション 大学・社会人事業開発部 部長 (Udemy事業責任者)

飯田 智紀氏

企業におけるDX推進が叫ばれる中、それをリードする人財のスキルやマインド育成の重要性が増しています。今回のコロナで、特にデジタルリテラシー格差は顕著に表れました。本講演では、ソフトバンクにおける人事戦略・施策のシフトを踏まえ、人財育成・活用のトランスフォーメーションのヒントを学びつつ、今後の人財育成の未来像(DX人財育成のための人事研修DXの未来)について考えます。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

企業におけるDX推進が話題になる中、その推進を担う社内人財のスキルや、マインドのギャップが課題になっているとよくうかがいます。特にデジタルリテラシーの格差は顕著に表れているとのことですが、そのギャップをいかに人財育成・活用の仕組み化で解決するのかに興味・関心をお持ちの人事・経営者の方々にぜひ、ご参加いただきたいです。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

本セミナーでは、ソフトバンク社における人事戦略・施策のシフトを、同社人事総務統括 人事本部 副本部長の源田様にご紹介いただきながら、Udemyの活用例も含め、人財育成・活用のトランスフォーメーションのヒントを学んでいいただきます。

階層別に画一的な研修を供給する時代から、個別最適に合った研修プログラムを自発的に学べる環境整備へと今後研修のあり方もシフトしていく中で、単なる研修のデジタル化に終わらず、いかに人財育成をその先の人財活用につなげていくのか。“人財育成のDX”について、一緒に考えていきましょう。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ウィズコロナやDXが叫ばれる中で、各企業において今後提供すべき人財戦略のあり方について、少しでも参考になる機会となれば幸いです。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
飯田 智紀氏(いいだ とものり)
株式会社ベネッセコーポレーション 大学・社会人事業開発部 部長 (Udemy事業責任者)
ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)とソフトバンクグループ株式会社で経営企画・グループ会社管理、事業再生・国内外投資業務などに従事。2015年9月よりベネッセホールディングスに参画。現在はベネッセコーポレーションでUdemyを中心にリカレント教育事業などの新規事業開発を推進中。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop