人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-」 
2020年11月17日(火)・18日(水)・19日(木)・20日(金)・25日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」トップ講演者インタビュー> 吉田 卓氏(株式会社リードクリエイト 取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

今こそ再定義したい人事の「人選力」 -ニューリーダーを選ぶ、育てるための実践知-

吉田 卓氏 photo

株式会社リードクリエイト 取締役

吉田 卓氏

コロナ禍をきっかけに、組織や人事のあり方を根底から問い直す企業が多い中、求められるリーダー像・能力要件を再定義し、人選や登用の仕組みを再構築していくご支援が非常に増えています。人材アセスメントのプロフェッショナルとして、今後の「リーダーの人選」について課題を整理しながら、リーダーとしての適性を見極め、育み、活かしていく考え方を弊社のノウハウを交えてご紹介します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

自社の昇進昇格に関する仕組み、リーダーの選抜・育成のあり方について見直しをご検討されている方にオススメの講演です。

具体的には、以下のような問題を解決していくヒントをご提供します。

■リーダー候補の人選にあたり、人事部評価と現場評価にズレやギャップが生じている
■昇格・選抜の基準が不鮮明である
■昇格・選抜の手法に妥当性や信頼性が不足している
■人材アセスメントに関する本質的な知見が社内にない
■人選と育成の仕組みにつながりがない

これまで、人材アセスメントのプロフェッショナルとして、多くの企業と深く長くお付き合いしている私たちだからこそ見えてきた成功・失敗事例の共通点(エッセンス)を解説しながら、皆さまと一緒に「最適な人選のあり方」や「リーダーを輩出していくポイント」について考察していきます。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

本講演では、コロナ禍に端を発して各社で重要なテーマになっている「求められるリーダー像と能力要件の変化」を基に、新しいリーダーの選び方、育て方、生かし方のポイントをご紹介します。

各社を取り巻くビジネス環境が、複雑さと不透明さを増し、企業が直面する課題も高度化していることは、皆さまが最もシリアス、かつリアルに実感されているかと思います。この経営環境の変化によって、「これまでの期待人材」と「これからの期待人材」に大きなギャップが生じているのは言うまでもありません。

このギャップを埋めるために、教育体系を見直す企業が増えていますが、これだけでは変化を起こすことは難しいでしょう。私たちは、「経営・人事の意思やメッセージ」として社員に最も影響を与えるのは、「誰をリーダーに据えるのか」「誰を管理職や経営職として任命するのか」という“人選のあり方”そのものだと考えています。“リーダー育成につながる人材アセスメント”のあり方を模索してきた私たちのノウハウをぜひお持ち帰りください。

企業が真に求めるリーダーを意図的、体系的、継続的に育成・輩出していくために人事・人材開発部門は何を主導し、どのような仕組みや仕掛けを展開していく必要があるのでしょうか。

その答えを探すきっかけとしても、本講演をご活用いただきたいと考えています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

企業の中で「リーダー育成」を進めていく際の最も重要な要素は、高価な教育プログラムでも、人気のあるトレーナーでも、流行りの人事制度や仕組みでもなく、「人事・人材開発部門のリーダーシップ」であると私たちは確信しています。

本講演を情報収集の場にとどめることなく、自社の実態と照らし合わせて、「現状打破や課題解決の糸口を探ってみよう」というスタンスでご参加ください。

明日から発揮すべき皆さまのリーダーシップに寄与できれば幸いです。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
吉田 卓氏(よしだ たかし)
株式会社リードクリエイト 取締役
大学卒業後、大手金融機関に入社。企画部門を経て、人事部門で育成・評価・異動業務に従事。2005年、リードクリエイトに入社。リーダーの選抜・育成を軸に人材開発支援を担当し、これまでソリューションに携わった企業は500社を超える。現在、「実践知」をベースにしたセミナーを多数開催。2015年より現職。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop