• トップ
  • 開催概要
  • プログラム1日目
  • プログラム2日目
  • 講演者インタビュー
  • アクセス
  • 前回の様子

講演者インタビュー

講演者インタビュー一覧

多忙なプレイングマネジャーへの処方箋!部下の成長を促す「権限委譲」三つの法則

株式会社グローネス・コンサルティング 代表取締役

為広 雅夫氏

管理職の仕事として「部下育成」は重要なテーマです。しかし大多数が、自ら手を動かす「プレイングマネジャー」であり、業務に追われる中、長期視点の部下 育成がおざなりになる、という現象が生まれています。目標達成と部下育成は、時間軸と必要なスキルが異なっており、結果として目標達成を優先させる傾向にあります。本セミナーでは、二つを両立させるための橋渡しとして「権限委譲」を提唱し、具体的な方法論をご紹介します。


日本企業の底力をパワーアップするには「人への意識づけ」が重要

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

為広:この十数年間、管理職研修の主要なテーマは「部下育成」でした。そこには、成果型人事制度への移行、個人主義の台頭、人員減によるOJT機能の低下、雇用形態の多様化など、かつての日本型人材育成の文化が成立し難くなり、現場の「育成力」が低下しているという背景があります。

しかし、十年以上も研修を続けながら、未だに「部下育成」が声高に叫ばれています。研修で「理想」を得ても、業務遂行という「現実」の前では絵に描いた餅になっているからでしょう。理想と現実の狭間で苦しみ管理職を救うには、(現在の環境に合わせた)日本型人材育成を再構築する必要があるのではないでしょうか。本講演では、経験学習理論に基づき、「どのように部下に仕事(機会)を与えていくか」をテーマとした「権限委譲=理想と現実の架け橋となる部下育成研修」をご紹介します。

仕事で部下を成長させるためには「挑戦的課題」を与えなければなりません。しかしながら、目標達成という現実を考えると、「不安」「苛立ち」などの葛藤が発生します。そこで、「いかに葛藤を克服するか」を押えます。次に、具体的な機会の提供として、「誰に何をどのように任せるか」について部下個々人を取り上げ、明確にしていきます。最後に支援項目として、具体的に与えることが出来るもの、助言出来るもの、仕事を通じてしか得られないものを整理し、権限委譲計画を立案します。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

為広:弊社では、お客様から「グローネスは現実的な研修を提案する」というお声をいただくことがあります。弊社は「空虚な理想」は語りません。「安く仕入れて、高く売る」という企業活動の現実を直視し、そこに生きる受講生の皆さまには、少しでも元気に、少しでも明るくなって現場に戻っていただきたいと願っています。そのためには、「わかりやすく」「具体的で」「実際的」なものでなければならない。言葉の定義が曖昧な、欧米からの輸入理論に頼るのではなく、「日本人の、日本人による、日本人のための研修」を追及しています。

また、私は、研修ご担当者には「為広雅夫はエンターテイメント性を追及しています!」と自己紹介しています。決められた通りに研修を進めて受講者を疲れさせるくらいなら、カリキュラムをバッサリと捨てて、受講者が元気になる研修をする、その状況対応力こそが最大の特徴と考えています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

為広:過去三回のHRカンファレンスでは「OJT」「キャリア」「新入社員」を取り上げてきました。今回の「管理職」も同じですが、それらは切り口こそバラバラであっても、コンセプトは同じです。すなわち「社員は何によって成長するのか?企業側はそのために何が出来るか?」を考えるものです。

弊社では、「人は経験を通じて気づき、学び、成長し、自信を持ち、新たな経験に挑戦する」と考えています。「社員に経験をさせること、新しい経験に挑戦させること」が唯一、企業側にできることと言っても過言ではないでしょう。ご参加に当たっては、ぜひ「日本の人事部の弊社紹介サイト」で、過去のセミナー資料をご一読いただけると幸いです。

講演者プロフィール
株式会社グローネス・コンサルティング
代表取締役
為広 雅夫氏(ためひろ・まさお)
1996年に株式会社グローネス・コンサルティング設立し、現在同社代表として、マネジメントと年間約200日程度の研修を担当する
熱意と勢いのあるスタイルが共感を呼び、研修実施リピート率90%を超える
人事ご担当者と共に創造する研修WEBサイト「われら研修委員会」の委員長も務める

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp