人と組織について体系的に学ぶイベント
ゲストさん ログイン

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」 
				2024年5月15日(水)・16日(木)・17(金)・21(火)・22日(水)・23日(木)開催

[主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」トップ 講演者インタビュー 進藤 竜也氏(株式会社人的資産研究所(セプテーニグループ) 代表取締役)インタビュー

~実証研究から学ぶ最適なOJT戦略~
新卒・中途の成功を左右するオンボーディングの科学

進藤 竜也氏 photo

株式会社人的資産研究所(セプテーニグループ) 代表取締役

進藤 竜也氏

新入社員の成功は、実は最初の数ヶ月で決まることをご存知でしょうか? 組織への順応を適切に支援できない場合、突然の早期離職を引き起こす可能性も高まります。本講演では、オンボーディングに関する最新の研究結果を基に、新入社員が直面する可能性が高い4つの躓きポイントと、それらを克服するための具体的なOJT戦略を共有します。新入社員が迅速に適応し、長期的に貴社に貢献するための情報を分かりやすく解説します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

本講演は、新卒採用や中途採用後の新入社員が早期に組織に適応し、迅速に高いパフォーマンスを発揮するための効果的なオンボーディングプロセスの構築に苦労している人事担当者、採用マネージャー、そしてチームリーダー向けです。特に、新入社員の早期離職を防ぎ、長期的な成功と組織への貢献を促進するための戦略が不足していると感じている方々に役立ちます。実証研究に基づいたオンボーディングとOJTの効果的な実施方法を探求し、新入社員が早期に組織の戦力となる環境作りの秘訣を共有します。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

本講演のポイントは、新入社員の成功を最大化するために効果的なオンボーディングとOJT戦略を深掘りする点にあります。具体的には、新卒者と中途採用者それぞれのニーズに応じてカスタマイズされた受け入れプロセスの構築、効果的なトレーニング手法、そして社員の心理的な側面に焦点を当て、早期に組織の一員としてのアイデンティティを形成できるよう支援する方法をお伝えします。

良質なオンボーディングが社員の長期的な成功と組織へのロイヤリティに大きく寄与すると示した実証研究があります。参加者は、実証研究に基づく知見と、即時に実践可能な具体的な施策を学ぶことができます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

新入社員がそのポテンシャルを最大限に発揮し、組織にとって長期的な価値を生み出せるかどうかは、入社後のオンボーディング/OJTの成功次第といっても過言ではありません。皆さまには、実証研究で判明したポイントをもとに、ご自身の組織で実施可能なオンボーディングとOJTの戦略を考え、適用する機会として本講演を最大限に活用してもらいたいです。一人ひとりの新入社員がその才能を十分に発揮できることに少しでも貢献できましたら幸いです。

  • この記事をシェア
  • X
受付終了
講演者プロフィール
進藤 竜也氏(しんどう たつや)
株式会社人的資産研究所(セプテーニグループ) 代表取締役
“人が育つ”を科学するをテーマに、データを活用した科学的な人材育成プロジェクトに10年以上従事。一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 上席研究員 / 組織人事監査協会パーソネルアナリスト1級 / 個人情報保護士。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop