人と組織について体系的に学ぶイベント
ゲストさん ログイン

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」 
				2024年5月15日(水)・16日(木)・17(金)・21(火)・22日(水)・23日(木)開催

[主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」トップ 講演者インタビュー 大塚 涼右氏(CoachHub株式会社 代表取締役 兼 営業担当バイスプレジデント)インタビュー

向き合うべきは「数」でなく「個」
DE&I推進企業に学ぶ、女性リーダー育成施策と個別最適化コーチング

大塚 涼右氏 photo

CoachHub株式会社 代表取締役 兼 営業担当バイスプレジデント

大塚 涼右氏

女性登用やDE&Iの重要性が高まる一方、推進の難しさに悩む企業も多いのではないでしょうか。本講演では、世界でも有数のDE&I推進企業 EY Strategy & Consultingにおける、女性やマイノリティリーダーが自分らしく活躍するための育成施策を紹介。また、個別最適化施策のプロジェクト責任者や、実際にプロジェクトに参加している女性リーダーの事例を、コーチング活用方法も含めてお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

本講演は、次世代のリーダー育成に課題をお持ちの方、新たな施策を取り入れたい方におすすめの講演です。特に、女性やマイノリティリーダーの育成、管理職登用、そして全社的なダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)に課題をお持ちの企業様にぜひ見ていただきたい講演となります。

価値観や働き方が多様化する時代に、DE&Iの概念を理解し、組織を率いることのできるリーダーは不可欠です。「○年までにXX%の女性役員を」といった数値目標を立てることは取り組みのきっかけとしては有効ですが、ゴールではありません。性別や国籍などにかかわらず、一人ひとりが能力を発揮できるワークプレイスや文化の構築が重要になります。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

女性活躍促進、女性管理職登用、DE&Iリーダー育成のための施策事例を、実践企業から直接ご紹介します。具体的なポイントは以下の通りです。

・世界でも有数のDE&I推進企業 EY Strategy & Consultingにおける事例
・女性やマイノリティリーダーが自分らしく活躍するために設計された育成施策
・施策責任者によるプログラム推進のポイント解説
・プロジェクトに参加している女性リーダーの実体験
・個別最適化施策におけるコーチングの活用方法とその実績

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

多様な従業員のポテンシャルを最大化し、事業に成果をもたらすには、組織を率いるリーダーシップが重要であるとCoachHubは考えています。

組織全体が新たな価値観を取り入れ実行していく際、組織を支えるリーダー自身の深い理解と率先した行動が重要となります。女性リーダーのみならず、男性リーダーも含めいかにカルチャーを醸成していくか、そしてコーチングがどのように役立つか、EYSC社の事例から多くを学んでいただけると確信しています。ぜひご視聴ください。

  • この記事をシェア
  • X
受付終了
講演者プロフィール
大塚 涼右氏(おおつか りょうゆう)
CoachHub株式会社 代表取締役 兼 営業担当バイスプレジデント
米ニューヨーク州立大学卒。パソナ北米法人営業、同中国深セン支店長として務めたのち、2018年SAPジャパン入社。HRテックソリューションを担当し、金融・商社・小売など幅広い大手企業の人事DX支援を行う。2022年4月より現職に着任し、日本事業ローンチから短期間でデジタルコーチング事業の急成長を牽引。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop