人と組織について体系的に学ぶイベント
ゲストさん ログイン

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」 
				2024年5月15日(水)・16日(木)・17(金)・21(火)・22日(水)・23日(木)開催

[主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」トップ 講演者インタビュー 岡田 芳仁氏(アドバンド株式会社 ディレクター)インタビュー

従業員エンゲージメントを高め、リブランディングを実現する周年プロジェクトとは

岡田 芳仁氏 photo

アドバンド株式会社 ディレクター

岡田 芳仁氏

人手不足やエンゲージメント低下などの課題が高まるなか、社員のモチベーションを高める起爆剤として有効なのが「周年事業」です。ところが多くの企業では、記念イベントの開催や社史の発行、広告の出稿といった手段に目を奪われるケースが多く、未来への成長に向けた絶好のタイミングを活かしきれているとはいえません。本講演では、周年事業をきっかけに会社への求心力を高め、リブランディングをめざすヒントをお話しします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

「設立○周年を迎えるから企画を考えてほしい」。経営陣や上司から、いきなりこのように任命された担当者にとって、何から手をつければいいのか? どうやって進めればいいのか? と、たくさんの不安や疑問がつきものではないでしょうか。周年プロジェクトは未経験で担う人が多いうえに、他社の周年事業の実態はベールに包まれており、ベストプラクティスを目にすることは難しいものです。

しかし、30周年や50周年などの「節目」の年は、これまでの事業のふり返り(歴史)、自社のDNAをふまえた強みや弱みの把握(現在)、将来の計画やビジョンの再考(未来)といった、企業価値を改めて見直すのに絶好の機会です。周年事業の担当者だけでなく、「最近、エンゲージ・サーベイの結果が思わしくない」「働き方改革やコロナ感染でコミュニケーションが減った」など、組織開発に関心のある方にも役立つ内容です。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

一般的に周年事業といえば、どのようなアイデアが考えられるでしょうか。記念イベントを開催する、社史や周年サイトを作成する、テレビCMや新聞広告を出稿する。あるいは、思い切って社名・ロゴを刷新する、パーパスやスローガンほか新たなMVVを策定するといった会社もあります。

しかし、せっかくの周年という機会を、刹那的なイベントや単発のPRで終わらせるのは、長い目で見たときに効果的かは疑問です。経営陣は盛り上がっているけれど、社員は白けているケースは決して少なくないからです。

そこで、私たちがおすすめする方針は、「周年事業をきっかけに、人的資本の最大化を目指す」こと。会社や他部門への理解が深まり、社内コミュニケーションが活発になる。社員一人ひとりが自分ごととして会社の未来をとらえ、モチベーションが高まる。周年がそんなきっかけになれば、社内活性化につながるでしょう。人的資本への注目が高まるなか、未来への成長の足がかりとして効果を発揮する周年事業が実現するはずです。加えて、この講演では周年プロジェクトの企画を考えるうえで、さまざまな選択肢のなかから、自社に相応しいプロジェクトを検討するヒントもお伝えします。

周年はあくまで「通過点」にすぎません。サステナビリティが注目されるなか、企業の持続的な成長にむけた周年事業について、みなさんと考えます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

会社が設立してから、10年、30年、ましてや50年、100年と事業を続けてきたことは、非常に名誉なことです。また、知識社会といわれる今、企業の未来は人的資本の成長にかかっていると言っても過言ではありません。

周年という大切な「節目」において企業ブランドを改めて見直し、自社の歴史をふり返りながら自社の強みやDNAを共有し、ともに未来を描くきっかけにすることができれば、周年事業を有意義なものにすることができるはずです。人的資本を最大化する周年事業とはなにか。自社にとって活用できるノウハウを一つでも二つでも、お持ち帰りいただきたいと思います。講演当日、お会いできることを楽しみにしています!

  • この記事をシェア
  • X
受付終了
講演者プロフィール
岡田 芳仁氏(おかだ よしと)
アドバンド株式会社 ディレクター
2018年、企業の広報・IRや周年事業などを支援するアドバンド㈱入社。現在はPJ責任者として、主に社史や周年ウェブサイトの企画・制作ほか、記念イベントの開催などを支援する。ほかにも新卒採用を中心とするリクルーティング、CI構築によるブランディングなど、顧客企業の人的資本を高めるPJに従事している。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop