人と組織について体系的に学ぶイベント
ゲストさん ログイン

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」 
				2024年5月15日(水)・16日(木)・17(金)・21(火)・22日(水)・23日(木)開催

[主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」トップ 講演者インタビュー 田中 弦氏(Unipos株式会社 代表取締役社長 CEO)インタビュー

「人的資本経営」推進プロジェクトはどうすれば成功するのか

田中 弦氏 photo

Unipos株式会社 代表取締役社長 CEO

田中 弦氏

人的資本経営には、開示方針の策定、実行にはステークホルダーが多く、プロジェクト推進に苦労される企業も多いのではないでしょうか。本講演では人的資本経営の先進企業である荏原製作所、レゾナックよりCHROを招き、プロジェクトマネジメントや、経営と現場をつなぐKPIの設定、現場の実態把握など、人的資本経営「推進」にあたってのポイントを先進実践者とともに語ります。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

人的資本経営の先進取り組み事例を知りたい方や、特に人的資本経営推進プロジェクトにおいて関係者の巻き込みや実行に課題を感じる方を対象としています。

人的資本開示の義務化以降、人的資本経営が各社で急速に進行しています。戦略・開示方針の策定だけでも経営・人事・IR、実行まで含めれば現場管理職までとステークホルダーが多く、プロジェクト推進に苦労される企業も多いのではないでしょうか。プロジェクトマネジメントや、経営と現場をつなぐKPIの設定、現場の実態把握など、人的資本経営「推進」にあたってのポイントを先進実践者とともに語ります。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

2023年から約5000の人的資本開示情報を読み込んでいます。そこから導き出した独自の見解を発信し、「人的資本経営専門家」として経営戦略と人事戦略を紐づけるための「人的資本経営フレームワーク(田中弦モデル)」の公開やコンサルティングでの支援を行っています。その過程でわかってきた、各社が苦労しているポイントを紹介します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

日本の人的資本経営を盛り上げるため、皆さまの試行錯誤を少しでも減らし、成功への道をショートカットできるようにという想いで情報発信しています。ぜひご参加ください。

  • この記事をシェア
  • X
受付終了
講演者プロフィール
田中 弦氏(たなか ゆづる)
Unipos株式会社 代表取締役社長 CEO
カルチャー変革を支援するUniposの提供を中心に活動。人的資本経営専門家として「人的資本経営フレームワーク(田中弦モデル)」の公開や約5000の人的資本開示から導き出した見解を発信し注目を集め、メディアへの出演多数。『心理的安全性を高める リーダーの声かけベスト100(ダイヤモンド社)』著者。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop