人と組織について体系的に学ぶイベント
ゲストさん ログイン

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」 
				2024年5月15日(水)・16日(木)・17(金)・21(火)・22日(水)・23日(木)開催

[主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2024-春-」トップ 講演者インタビュー 石橋 真氏(リ・カレント株式会社 代表取締役社長)インタビュー

事業構造の転換期にいる日本旅行から学ぶ、
エンゲージメント向上施策を通じた人的資本経営の築き方

石橋 真氏 photo

リ・カレント株式会社 代表取締役社長

石橋 真氏

人的資本経営推進のため、エンゲージメント向上施策に着手する企業は多いのではないでしょうか。一方、その効果を感じているのは一部です。背景にはエンゲージメント測定からその後の施策まで、戦略的運用ができていないことがあります。本講演は日本旅行様をお招きし、コロナ禍の影響で事業構造の大転換を迎えた中でも、エンゲージメント向上施策から「働き甲斐・働きやすさ」を実現し、人的資本経営を推進した事例を紹介します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

「エンゲージメント診断を実施したが、現状の把握にしか活用できていない」
「診断によって問題は明らかになったが、具体的な改善・改革には着手できていない」
こうしたご相談を、弊社では多数伺っています。

本講演では、社員のエンゲージメントを高める方策にお悩みの経営層・人事部門に向けた実践アイデアを、実際にお取り組みを行った企業の方に語っていただきます。

「診断で明らかになったエンゲージメントの課題に対する解決策のヒントを得たい」「今後、経営戦略/人事戦略として人的資本経営を推進するにあたり、全社でエンゲージメント向上に取り組みたい」とお考えの方は、ぜひご参加ください。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

「仕組みや制度を整え、社員の意識・組織文化に関する取り組みも行っているのに、組織の改善を感じない」とお悩みの企業の多くは、エンゲージメントのカギを握るのが「社員の組織・職務に対する共感度」であることを見逃しています。

ハード面/ソフト面の改善がいくら進んでも、社員から共感を得られなければ、施策は上滑りしてしまいます。今回の講演では、弊社が支援した企業がどのようにその点を乗り越えたのか、ぜひ注目していただければ幸いです。

せっかく実施したエンゲージメント診断結果を、ただ現状把握に用いるだけではなく、組織課題を抽出して戦略的な改善・改革のステージに移っていくために、経営・人事に求められるのは何なのかを、詳しく解説します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

人的資本経営を目指し、各社ともさまざまな取り組みを推進しています。一方で、社員エンゲージメントの向上にはさまざまな要因が絡むため、「改善効果が見られるまで実践し続けるのが難しい」と頭を悩ませている経営・人事の担当者も多いことでしょう。

本講演にご参加いただき、「共感」という新たな切り口でエンゲージメント向上施策を進めるヒントを、ぜひお持ち帰りください。

  • この記事をシェア
  • X
受付終了
講演者プロフィール
石橋 真氏(いしばし まこと)
リ・カレント株式会社 代表取締役社長
株式会社リクルート時代、そして二度の起業経験の中でのどん底経験とそこからの這い上がり経験を持つ。コロナ禍による研修業界業績悪化の中、「働くことを心から楽しむ"働楽社会"の実現」のミッションのもと社員を鼓舞し、経常利益200%アップを達成。全社一丸となっての完全V字回復を果たす。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop