人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 小川 嘉一氏(株式会社レイヤーズ・コンサルティング シニアマネージャー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

これからのグループ経営に資するシェアードサービスの在り方とは

小川 嘉一氏 photo

株式会社レイヤーズ・コンサルティング シニアマネージャー

小川 嘉一氏

財務・人事を中心に業務効率化やコスト低減を目的にグループ内シェアード組織の設立・活用が始まり長い月日が経過しました。当初の目的である効率化・コスト低減はほぼ達成され、シェアード機能及びそれを担う組織の役割を再考するタイミングに来ています。シェアード組織に蓄積された各種ナレッジを活用し、グループ経営に資する機能・機関となるためのポイントについてお話しいたします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

本講演は、グループ内にてシェアードサービスを担う会社をお持ちの企業をメインとした内容となっております。
財務・人事を中心に業務効率化やコスト低減を目的にグループ内シェアード組織の設立・活用が始まり長い月日が経過しました。
当初の目的である効率化・コスト低減はほぼ達成され、シェアード機能及びそれを担う組織の役割を再考するタイミングに来ています。
シェアード組織に蓄積された各種ナレッジを活用し、グループ経営に資する機能・機関となるべくポイントについて講演いたします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

まずは、テクノロジーの活用や、組織再編等、業務に依存することなくシェアードサービス機能(会社)における今以上の効率化・コスト低減化について触れます。
もう一点、シェアードサービス機能(会社)が保持しているナレッジのグループ全体における有益性について言及いたします。これからのシェアードサービス機能を検討する上で重要となるポイント及びグループ経営に貢献すべきシェアードサービス機能(組織)が展開すべきソリューションについてご紹介します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

当初目的を達成した状況で、グループ内シェアードサービス機能(会社)の将来を考えられている企業も多いと考えます。今以上の効果(効率化やコスト低減)が想定できないために元の会社へ業務を戻し、機能自体をあきらめる会社もあります。
今一度、シェアードサービス機能(会社)を導入した“本来”の目的について考えるべきです。シェアード機能による効率化・コスト低減は、本来目指すべきゴールに向けた途中過程です。それを踏まえつつ、シェアードサービス機能(会社)の将来について再検討が必要です。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
小川 嘉一氏(おがわ よしかず)
株式会社レイヤーズ・コンサルティング シニアマネージャー
官公庁にて政策企画(産業組織政策等)を経て、現職に到る。全社コスト構造改革などの事業構造改革・MA/組織再編、及びHRを中心としたPMI支援。グループシェアードサービス事業再構築などの戦略・事業計画立案から実行にかかる業務設計も含めた、事業構造改革/組織再編に関するプロジェクト経験多数。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop