• トップ
  • 開催概要
  • プログラム
  • 講演者インタビュー
  • 交流ラウンジ
  • アクセス
  • 前回の様子
日本の人事部「HRカンファレンス2014-春-」トップ講演者インタビュー> 大野順也氏(株式会社アクティブ アンド カンパニー)インタビュー

講演者インタビュー

講演者インタビュー一覧

タレントマネジメントを通して組織活性化を実現する“3つのポイント”と“ 落とし穴”

大野順也氏 photo

株式会社アクティブ アンド カンパニー 代表取締役社長 兼 CEO

大野 順也氏

『タレントマネジメント』という概念が、IT の進化等に伴い日本国内で広がりつつあります。しかし、日本国内において導入した事例や、コンサルティングを通して相談を受ける内容から見ると、『タレントマネジメント』の本質やゴールを見据えて導入している企業は少ないのではないかと感じています。本セミナーでは、『タレントマネジメント』を導入する際のポイントや見落としがちな落とし穴についてお話します。


―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

大野:「タレントマネジメント」という概念が日本国内に広がりつつあります。この概念が日本に入ってきたのは十数年前のことですが、ITの進化などに伴い、昨今急速な広がりを見せています。

しかし、日本国内において導入した事例や、コンサルティングを通して相談を受ける内容から考えると、「タレントマネジメント」の本質的な意味合いや実現できるゴールを正しく理解し、そのゴールを見据えて導入している企業は少ないように感じます。そのため、運用におけるムリ・ムダや、場合によっては導入段階から形骸化が予測されることすらあります。

本セミナーでは、「タレントマネジメント」の本質的な意味合いや導入する際のポイント、また見落としがちな落とし穴についてお話します。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

大野:弊社では、組織活性化に特化したコンサルティングを行っています。これまでに弊社では、人材マネジメントポリシーの策定~人事制度の設計~育成体系の整備及びトレーニングの実施など、組織・人事領域におけるさまざまな問題・課題に対して解決策を策定し、その実行を支援すると共に、多くの企業を活性化へ導いてきました。

「タレントマネジメント」を導入する場合は、人材のタレント性を軸に、さまざまな観点からの組織・人事施策や取り組みが求められます。アクティブ アンド カンパニーでは、これまでのコンサルティング経験やノウハウを活かした「タレントマネジメント」の導入を支援しています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

大野:今回テーマとしている「タレントマネジメント」という概念は、昨今盛り上がりを見せているITシステムを導入しただけで実現するものではありません。「自社におけるタレント性が何かを定義し、その定義に沿って、さまざまな人事施策を打ち、その人事施策を通して実現できるものです。

これまでに組織・人事領域においてさまざまな切り口から解決策を策定し、クライアントと共に実行してきた弊社だからこそ分かる、視点や視座をお伝えしたいと考えています。これから、また、今まさに「タレントマネジメント」を導入しようとしている企業の方に、ぜひご参加いただきたいと考えています。

講演者プロフィール
株式会社アクティブ アンド カンパニー
代表取締役社長 兼 CEO
大野順也氏(おおの・じゅんや)
株式会社パソナ(現パソナグループ)の営業、営業推進、営業企画部門を歴任し、同社の関連会社の立上げを手掛ける。後に、現デロイト・トーマツコンサルティング株式会社にて、組織・人事戦略コンサルティング業務に従事し、2006年1月に『株式会社アクティブ アンド カンパニー』を設立、現在に至る。

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp