• トップ
  • 開催概要
  • プログラム
  • 講演者インタビュー
  • 交流ラウンジ
  • アクセス
  • 前回の様子
日本の人事部「HRカンファレンス2014-春-」トップ講演者インタビュー> 林明文氏(株式会社トランストラクチャ)インタビュー

講演者インタビュー

講演者インタビュー一覧

企業革新を加速させる人事管理

林明文氏 photo

株式会社トランストラクチャ 代表取締役 シニアパートナー

林 明文氏

事業環境が大きく変動する中、多くの企業が競争力強化に向けて、経営管理のレベルアップに取り組んでいます。人事においても、経営的観点から正しく課題を把握し、適切な人事管理を可能にする仕組みが模索されています。当講演では、現状分析、人事制度、雇用管理、社員のスキル管理等、これからの時代に必要な人事管理のあり方とその手法について、コンサルティング事例の紹介を交えて解説いたします。


―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

林:競争が激化し、経営環境が大きく変動する昨今、企業はより経営管理レベルを高めることで、事業の収益性や経営の安定性を高めていかねばなりません。

採用、モチベーション、人件費、人事評価、教育研修などのそれぞれの領域において、各社各様の管理が行われていますが、正しい事実認識や客観的な裏付けのないままに行われているケースが少なくないようです。これからの経営環境の中で、企業が成長・発展していくためには、客観的な情報に基づき、正確に現状把握を行い、短期・中長期視点の双方を考慮しつつ、さまざまな人事課題を網羅的にとらえ、合理的構造的に解決していくための人事管理基盤を整えていくことが重要です。

当講演では、当社のコンサルティング事例などを紹介しつつ、人事状況の把握、人事制度の設計・運用、雇用管理、社員のスキル管理、将来シミュレーションなど、これからの時代に求められる人事管理のあり方とその手法について、解説いたします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

林:変化する経営環境に対応して高い競争力を強化していく上で、人事改革の必要性は高まり続けています。自社に必要な人事施策を正しく打つために不可欠な第一歩は、人事領域の現状を合理的・構造的に分析し、客観的に判断することです。

企業の現状について、主観的な要素が大きく数値で表せない定性的な情報のみならず、数値で表せる定量的な情報に基づく客観的な分析を行い、課題を可視化していくことが求められます。トランストラクチャは、このような合理的かつ構造的なアプローチによる人事コンサルティングのリーディングカンパニーとして、組織・人事診断、人事制度設計・運用、雇用施策、人材開発など、組織・人事の幅広い領域における課題解決を通じ、企業の変革と成長を支援します。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

林:我が国の企業の人事は、経理、財務など、他の経営領域と比べて、低い管理レベルにとどまっていると言われています。ややもすると主観的な意見を拠り所としてしまう従来の人事管理を、正確で客観的な情報把握に基づき、合理的で構造的な管理のあり方に再構築することで、企業競争力を高めていくことが、いま求められています。

講演者プロフィール
株式会社トランストラクチャ
代表取締役 シニアパートナー
林明文氏(はやし・あきふみ)
青山学院大学卒業。トーマツコンサルティング株式会社に入社し、人事コンサルティング部門シニアマネージャーとして 数多くの組織、人事、雇用のコンサルティングに従事。その後大手再就職支援会社の設立に参画し代表取締役社長を経て現職。人事雇用に関するコンサルティングとともに講演、執筆活動を数多く行っている。

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp