HRのオピニオンリーダー100人が提言、日本の人事を考える情報誌

日本の人事部 LEADERS(リーダーズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「HRアワード2018」受賞者インタビュー

失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して「全員活躍」を実現いま注目の人事リーダーが取り組むカルビーの人事改革とは

カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部 本部長 武田雅子さん

『日本の人事部』のインタビューやイベント「HRカンファレンス」にもたびたび登場するなど、人事のオピニオンリーダーとして知られる、武田雅子さん。長年にわたって株式会社クレディセゾンで人材開発や組織風土改革に取り組んできましたが、2018年に初めての転職でカルビー株式会社に入社。「全員活躍」を目指して同社の人事制度改革を進めています。これまでの人事プロフェッショナルとしての活躍と今後への期待から、「HRアワード2018」では、企業人事部門 個人の部 最優秀賞を受賞。いま最も注目されている人事パーソンである武田さんに、これまでのキャリアの軌跡と、カルビーでどのような人事制度改革に取り組んでいくのか、お話をうかがいました。

カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部 本部長 武田雅子さん

Profile

たけだ・まさこ/1968年東京生まれ。89年に株式会社クレディセゾン入社。全国のセゾンカウンターで店舗責任者を経験後、営業推進部トレーニング課にて、現場の教育指導を手がける。その後、戦略人事部において人材開発などに関わり、2014年人事担当取締役に就任。2016年には営業推進事業部トップとして、大幅な組織改革を推進する。2018年5月に初めての転職で、カルビー株式会社に入社。全員が活躍する組織の実現に向けて、人事制度・施策改革に取り組んでいる。

店舗の現場で「人の役に立ちたい」という思いが生まれた

――「HRアワード2018」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞、おめでとうございます。あらためて、受賞されたご感想をお聞かせください。

これまでの受賞者の方々は、自社で大きな実績を上げられてきた方ばかりです。受賞と聞いたときは「カルビーに入社して半年ほどの私が受賞するなんて、ウソでしょ?」というのが正直な気持ちでした。少々驚きましたが、今では前職のクレディセゾンからカルビーに人事総務本部の責任者として転職したことに対して、多くの方から励ましのエールをいただいたのだと、解釈しています。この賞にふさわしい成果を出すためにも、これからがとても大事だと考えています。

――初めての転職で新たなチャレンジに挑まれたことが、多くの方の共感を呼んだように思います。

私の周りを見ても、相応の役職にあった方が次のキャリアを目指して転職するケースが増えています。前職のクレディセゾンでは40代で取締役になりましたが、「上がり」のポジションとは思っていませんでした。もちろん、異業種への転職には勇気が必要でしたが、世の流れや自分の中の意識の変化があって、自然な形で新しい道へと進むことができたように思います。

――あらためて、武田さんのこれまでのキャリアについてお聞かせいただけますか。

私の学生時代は1980年代後半で、バブル経済のころ。今思うとフリーターの走りのような存在で、いろいろなアルバイトをして、同世代と比べるとかなり稼いでいました。しかしそのうち、社会人として通常サイズのキャッシュフローで生活しなければならないと考えるようになり、当時の西武クレジット(現在のクレディセゾン)に入社しました。最初の配属は、吉祥寺パルコのセゾンカードのカウンター窓口。現場では「こんなことをやりたい」と、上司に注文ばかりしていました。上司からすると、元気はあるけれど手のかかる部下だったと思います。「それなら、自分でやってみたらどうだ」と言われ、2年目にショップマスター(店舗責任者)になりました。

パルコという商業施設の中に入って仕事をすると、仕入れや棚卸しなど、バックヤードの仕組みが見えてきました。店舗によって異なり、組織の仕組みも違います。最初はカウンター窓口として、表向きの仕事しか分かっていませんでしたが、経理など会社の裏側にある仕組みを理解し、店長さんたちの話を聞くに従って、モノが売れていくプロセスが非常に面白く感じるようになりました。そこで考えたのは、各店主の人たちの役に立ちたい、ということです。施設の中には、どんどん売れていく雑貨店もあれば、3時間接客してやっと買ってもらえるお店、何度も通って初めて買ってもらえるお店など、いろいろな店舗があります。それぞれのシーンの中で、どうやって役に立てるのかを考え、それをメンバーに伝えて効果的な対策を立てるという日々の仕事に、とても充実感があったことを今でもよく覚えています。

この続きは「日本の人事部 LEADERS(リーダーズ) Vol.7」でご覧になれます。

詳細を見る