人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした、日本最大のHRイベント
2020年5月27日(水)・28日(木)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-[大阪]」トップ講演者インタビュー> 竹枝 正樹氏(株式会社Co-learning 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

育成×採用の掛け合わせで未来のリーダーを見いだす

竹枝 正樹氏 photo

株式会社Co-learning 代表取締役

竹枝 正樹氏

売り手市場がもたらす採用難、さらに「飛び抜けた優秀層」が大手志向からベンチャー志向や学生起業へ移行する中、如何にして彼らを採用するのか。その上で、離職を避けた早期の戦力化、次世代リーダー(幹部)候補として育成していくための、人事制度の変更に頼らない『全く新しい早期育成の仕組み』「ヤングタレントマネジメント」および「相互学習理論(コラーニング)」をご紹介します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

売り手市場がもたらす採用難、さらに「飛び抜けて優秀な人材」が大手ではなくベンチャー企業を志向したり起業したりする中で、いかに彼らをひきつけて採用するのか。せっかく採用しても「人事制度上、特別な待遇ができない」「人事からの期待(早期育成対象)と現場の期待(変わらないOJT)に大きなGAPがあり、早期離職されてしまう」といったご相談を数多くいただきます。

大手企業からは、新入社員育成期間(概ね3年目まで)はしっかりとした育成体系があっても、それ以降、管理職登用までの育成は部門に任されている(伝統的に全社育成の優先順位が低い)状態で手が打てず、その間に優秀な社員の離職が止まらない、といった課題もお聞きします。

本講演では、新入社員育成期間、その後の管理職登用までの育成期間で、一貫した育成且つ早期選抜を実現する手法をご紹介します。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

当社は、若手育成に特化した業界最大手の株式会社ファーストキャリアとタッグを組み、採用から一人前への社内育成を経て、中堅社員から管理職登用に向けた社外育成(プール人材化)までを人事制度の変更に頼らず、離職も伴わない「全く新しい採用から次世代リーダー層への早期育成の仕組み」を開発しました。

具体的には、入社~若手期間における「ヤングタレントマネジメント」(ファーストキャリア社)と、その後、管理職登用までの「相互学習理論による育成の仕組み化」(弊社)です。この二つは、多くの企業で採用されている新入社員育成プログラム:マインド・スタンス(主体性・PDCAサイクル)を土台に、自業務課題の解決(問題解決・対人関係構築)の取り組みを段階的(社内:年次別)に形成。その上で、異業種(社外:複数社)での実践学習の場を提供し、業界を超えた仲間と考える「将来の自社課題・事業創造」に取り組ませることで、毎年一定数を継続的かつ段階的に評価しながら「未来を創れる若手リーダー」を育成(プール人材化)するものです。

若手のうちから企業の枠を越えた学習と実践の場があることは、採用市場において優秀人材をひきつける大きな要素となります。自社の社員を育成しながら、採用市場にもアプローチしていく「育成×採用」のあり方についても実例をご紹介いたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

次のような課題を抱える皆さまに、本講演でご紹介する「早期リーダー育成モデル」を含め、株式会社ファーストキャリア・株式会社Co-learningは、これまで蓄積した豊富な育成ノウハウから、貴社に有益且つ具体的な解決策をご提示し、ともに議論・伴走いたします。

・大量一括採用&一律の底上げ育成に疑問、限界を感じている
・個別具体的な採用でも、結果的には一律の育成となり早期離職を招く(やめて欲しくない若手から離職する)
・一人前以降、管理職登用までの育成体系がなく(予算的にも手が出せず)、次世代リーダー候補(プール人材)の確保ができない
・あるべき姿の創造、枠にとらわれない思考・行動ができる人材が少ない

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者プロフィール
竹枝 正樹氏(たけえだ まさき)
株式会社Co-learning 代表取締役
マツダ株式会社(知的財産部)にて、ブランドプロテクション・ナレッジマネジメント業務に従事。2010年株式会社ファーストキャリアに参画、関西営業マネージャーとして大手企業の人事育成を経験した後、独立。複数社の人材企業(厚労省系事業、職業紹介、専門家派遣)等の取締役を歴任し、2018年より現職。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。