HRのオピニオンリーダー100人が提言、日本の人事を考える情報誌

日本の人事部 LEADERS(リーダーズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「HRアワード2016」受賞者インタビュー

人事は世の中でもっとも面白い仕事注目の新制度「WAA」に込めた、人と組織への熱く深い思いとは

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長 島田由香さん

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、誰もがそれぞれのライフスタイルを継続して楽しむことで、自分らしく働き、生産性を高められるよう、働く時間・場所を社員が自由に選べる新人事制度「WAA」を、2016年7月1日からスタートさせました。「WAA」とは、“Work from Anywhere and Anytime”の頭文字で“ワー”と読みます。ネーミングのインパクトもあって、他社からの問い合わせが殺到するなど、新制度は大きな注目を集めていますが、その仕掛け人が同社取締役人事総務本部長の島田由香さん。「WAA」を始め数々の先進的な活動に挑み続けるとともに、HR領域のオピニオンリーダーとしても日本の企業人事の活性化に貢献した功績が認められ、日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、人事プロフェッショナルです。「人事は世の中でもっとも面白い仕事です」――そう明言する島田さんに、人と組織に寄せる思いを存分に語っていただきました。

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長 島田由香さん

Profile

しまだ・ゆか/1996年慶應義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年コロンビア大学大学院留学。2002年組織心理学修士取得、米系大手複合企業入社。2008年ユニリーバ入社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て2013年4月取締役人事本部長就任。その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。中学一年生の息子を持つ一児の母親。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLP®トレーナー。

人事の発する「言葉の力」が社員や経営層のマインドセットを変える

――「HRアワード」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞、おめでとうございます。あらためてご感想をお聞かせください。

本当にありがとうございます。表彰式でも申し上げましたが、私はつねづね、人事というこの素晴らしい仕事を通じて世界をもっとよくしていきたい、みんながもっと元気でイキイキ、ワクワクしながら働ける社会を創っていきたいと、本気で考えています。私がこのような賞をいただくことができたのも、そのことに共感し、応援してくださる方がたくさんいらっしゃるからかな、と。そう考えると、ただうれしいだけではなく、ものすごく心強いですね。

――島田さんは受賞のコメントで「人事は世の中でもっとも面白い仕事」だとおっしゃいました。多くの人事パーソンがこの言葉に励まされたと思います。

私の言葉が皆さんの心に響いて、何かしら励みになったのならこれほどうれしいことはありません。ただ、私の言葉よりも、それを前向きに受け止めて、「そうだ!」と共感してくださる思いのほうが素晴らしい。『日本の人事部』を通じて出会った方々となら、そういう思いを一つにしていけると確信できたことが今回の受賞の一番のご褒美だと、私は思っています。

人事は世の中でもっとも面白い仕事です。そう断言することに、私自身は何の迷いも疑いもありません。でも日本では残念ながら、一般的にまだそういう風潮になっていないのが現実ですよね。人事というと、何か暗くて、堅くて、近寄りがたいイメージがあります。評価に関与しているだけに、現場からは警戒されているというか、はっきり言って、よく思われていない。制度やルールにやたらとうるさくて、人事に呼ばれたらたいてい悪い話だろう、などと思われているように感じます。

この続きは「日本の人事部 LEADERS(リーダーズ) Vol.5」でご覧になれます。

詳細を見る